2015年12月10日

迷えるガラススペーサー


ドイツの高断熱サッシ

トリプルガラスのUg値 0.7 0.6 0.5 0.4
このクラスの断熱性能になると、
ガラススペーサーの影響力はかなり大きくなる。

  続きを読む

Posted by daikyohome129 at 21:09Comments(0)

2015年12月06日

家の体温調節

一昨日から今日までのPX-兇梁硫垢髻

12-6

1Fと2Fの温度差のレンジもつかめた。
昨日の外気の平均気温は、1.9℃。
今日なら1.3℃は切りそうです。
ちなみに、まだ生活排熱設定はしていない。

今後はお天気の良い日に、
室温3℃程押し上げるお日様の熱をどこまで調整できるか、
と併せて、これまでの調査から気になっていたこと、
他の暖房方式の組合せから省エネ性の核心部を見つけたいですね。

安静時の基礎代謝量

交感神経の活動量

非震え熱産生量

こんな寒がらない人の能力が家にもあったらいいのにね^^

 「寒さに強い人と弱い人の違いとは」:Yahooニュースより

  
Posted by daikyohome129 at 18:45Comments(0)

2015年12月03日

まだダメだ・・

PX-兇里海函
一昨日設定温度5℃下げたのに・・・
昨日の-2.7℃の外気温時に、1Fが22℃を下回らず、、

高断熱住宅の昨日(1)

んだば!ってことで、本日午前片回路のみ5℃下げた。
午後推移を見守っていて?・・?

あじゃあ、逆に設定したべ!?てことで再度設定を逆に変更。

高断熱住宅の今日(2)

ダメですね、
頭の中で他のこと考えてると、、、私の思考回路は直列型ですから、、
なにやってんだか。。

でも、このあともしうまく室温調整されなかったら・・・
私的には、これ以上温度下げたら意味あるんだべか?
てな領域に入ってしまう。。

ま、今悩んでもしょうがながんべえよ。
てなことで、うまい晩酌するしかながべな。

  
Posted by daikyohome129 at 21:24Comments(0)

2015年11月29日

高断熱住宅:番外編

今日は家づくり教室。
テーマは高断熱住宅の基本編だったのに、マニアックな話が受けたみたいで、、、
基本編なのになんか変な感じですね^^;

そこで今日は、ご質問のあったPXシリーズ番外編報告を。

高断熱住宅PX-

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 20:15Comments(0)

2015年11月27日

素敵な技術屋さんたち

今日は朝から車で県境を越えてみた。
今になって往復の運転での疲労が・・・(笑
でもね、どんな分野でも技術屋と言われる人たちと話すのは楽しい。

そこでも出た話、
日本の住宅業界の断熱レベルって、欧米から15年は遅れてやってきますからね。
ごもっともです、、と頷いてしまいました。

北欧の高断熱

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 20:34Comments(0)

2015年11月25日

高断熱住宅用暖房検証

今朝9時、PX-狂‐擇粒謄轡好謄爐瞭虻邀稜А
その後、今回初めて使用する補助暖房用の検証をスタート。
スタートと言ってもまずは基礎データからですが・・・^^;

高断熱住宅用暖房検証

今回の暖房はあくまで2階暖房専用としての検証です。
赤い線が1階室温なので、温度が下がり始めた辺りが9時くらいかな。
2階のみということで、明日の朝にはどこまで下がることやら。

平衡温度になり2、3日間ほどでこの基礎データ取得を終了し、
PX用の全館暖房へと切り替え予定です。
新たな領域が見えるといいんだけど・・・
なんか、どきどきしますね(笑

ドキドキと言えば、
ヨーロッパにあって日本にない、欲しいけどこれまで諦めていたもの、
それがもしかしたら提案できるようになるかもしれない?
という可能性が見えてきました。

まだはっきりとしたことは言えませんが、
楽しみにしていてください。

今夜はいつもにも増してうまい晩酌になりそうです^^

  
Posted by daikyohome129 at 20:33Comments(0)

2015年11月06日

岩手の高断熱住宅

温度計測中の家の温度推移はスマホなら海外でもリアルタイムにチェックできる。
先日スペインに居ながらにして、
温度推移を眺めながらスタッフに暖房の切り替えをお願いした。
ほんとうに便利な世の中になったものだと思いましたね。

帰国翌日の11月4日に落としたデータを。
先ずは既に暮らしているPX−機

岩手の高断熱住宅 (1)

朝は氷点下入りしたのがわかる。
前夜に二度ほど間欠暖房、そして晴天となればお日様の力で21〜23℃まで上昇。


  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 21:45Comments(0)

2015年10月25日

冬眠する家no体温

今日は現在冬眠中の家PX-兇梁硫好哀薀佞涼罎如
快晴続きの二日間分を紹介。

陽射しの力

陽射しのエネルギーで22℃程まで上昇し、
外気温0℃時点で室温は19℃まで落ちます。
そしてまた上昇へと推移しているのがわかります。

太陽を味方に。

これからの家づくりには欠かせないものになりそうですよ。
  
Posted by daikyohome129 at 20:40Comments(0)

2015年10月09日

高断熱住宅の検証準備

築27年の事務所はちょこちょこ暖房動き始めております。
高断熱住宅PX-兇硫童‐擇鮟え一休みと思っていたのですが、
周辺の動きからもう準備始めなきゃならないようで、、、

高断熱住宅検証(1)

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 21:24Comments(0)

2015年10月03日

繋ぐ家

視界、空気、空間、家族がどこで、
その繋がりもこのお家のテーマです。

見学会の家

今日は雨にもかかわらずたくさんのご来場をありがとうございました!
ご来場いただいた方には、雨なりのこの家の便利さを確認頂けたのではないかと。
手前勝手に考えてしまいました。

今も滝沢はかなり強い雨・・;
その分明日は降らない予報に期待しつつ、
明日もお会いできるのを楽しみにしております^^

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 20:59Comments(0)

2015年09月19日

つなぐ夢の家

情報にはあっても経験にはない。
経験もないけど情報もない。
その領域は、私の単なる無知の領域だと思える。

高断熱&省エネの家

無知は無知なりに、すべての情報を集約しながらイメージする。

大は小を兼ねる。なら、逆に小が大を凌ぐ能力があってもいい。

そんなこころ持ちで、ちょっくら出張へ。

新しい視界が拓けるように、気合い入れてみます!

  
Posted by daikyohome129 at 14:55Comments(0)

2015年09月03日

最小の高断熱住宅 ”PX-供


PX-

  
Posted by daikyohome129 at 21:40Comments(0)

2015年09月02日

高断熱サッシの急所

個人的な話をすると、今の個人的キーワードは”最小”。
日本最小の冷暖房システムとかね、
日本最小の〇〇!ってのがキーワードになっている。
私の中だけですけどね(笑

高断熱サッシの急所

そんなことで、今日の私の仕事は昔なら気にもかけなかっただろう
窓の最小部とも言える窓ガラス周囲のスペーサー。

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 18:15Comments(0)

2015年08月20日

住宅の暑さ対策も終盤。

朝、玄関を開けた瞬間涼しさを感じるようになりましたね。
事務所では、まだ本格的ではないけど落葉掃除も欠かせなくなったし、
ヤマボウシの実も落ち始めました。
つい先日までの夏気分が嘘だったかのようです。

週間天気予報を見ると、30℃を超える日はもうなさそう。
というか、来週は25℃を割り込んだ日が続く気配。
となれば、暑さ対策試験も今週までかと。

今日の温度推移。

住宅の暑さ対策(1)

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 21:32Comments(0)

2015年08月13日

家のための省エネサイズ

昨夜は飲み会。
だったのですが、今日のこともあり早めに切り上げに。
ぺっこ飲み足りなさはあったものの、おかげで今朝は絶好調!^^
そこで計画していた調整いじりのため実験邸PX-兇悄

ところがです、
工場スタッフに頼んでいた部材が届いていない!?
「持ってきた」ことは確認したはずが・・
結局、車に積みっぱなしで届けていなかった。

そんなわけで、本日実作業なしのチェックのみ。
作業は明後日にやろうかと。

では今日の状況報告をさらっと。
その前に、昨日の陽射しネタから。

家のための夏の省エネサイズ(1)

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 19:54Comments(0)

2015年08月10日

ドレーキップ窓の骨

今日は当社で比較的採用されることの多いドレーキップ窓の裏側を。

ドレーキップ窓(1)

ドレーキップ窓というと、一つの窓で内倒しと内開きの二つの開閉ができる。
一般に写真のように内倒しで通気を採る。
  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 21:08Comments(0)

2015年08月09日

プチ冷暖房

実験邸の設置を終えた冷暖房パネル。

冷暖房パネル(1)

ランバーで枠を作り仮設置なので美観を損ねますが、
あくまで検証目的なのでこれでよしとしました。
検証経過によっては移動もあるし、検証終了後の撤去も考えてです。

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 19:31Comments(0)

2015年08月06日

岩手の省エネ、第二ステージへ

今日も今日とて、あっづぅべぇ!
と騒ぎながらも、ぺっこ気持づっことっけぇで(切り替えて)みる。

気持づが逃げるど、暑さも追っがげでくる。
気持づが向がうど、暑さは避げでいぐべぇ。

てことに改めて気づいたのに、明日からは例年並みになるそうな。
この暑さ、もうぺっこ続いてくれてもいいのに・・・なんて、
実験のためとはいえ、わがままな自分です^^;

岩手の冷暖房を検証(1)

さて、私の実験は第一段階を今朝までで一旦終了。
今日から私の夏対策の検証は第二ステージへと入ります。
朝から設置方法を協議&すり合わせ。

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 17:27Comments(0)

2015年08月04日

家の暑さって、、

日本て、冬の南北差って大きいのにね、
この夏の暑さは南北差ってそれほでもない。
にっぽん全国、逃げ場無し!って感じですもんね。

ここ数年、ほんと岩手でも夏対策の必要性をひしひしと感じるようになってきました。
当社スタッフの一人も熱中症になってしまいましたし・・
皆さんも気を付けてくださいね。

さて、暑さ対策調査中の今日の実験邸と言えば、

家の夏の暑さ対策 (1)


24時間の温度推移。
ドライ運転のみ、稼働率10%。

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 21:27Comments(0)

2015年07月25日

快適さは窓で決まる!

ーーーーーーPRーーーーー

性能は窓で決まる!

高断熱の家になればなるほど、快適さは窓が決める!

今回の見学会では、ぜひその窓のヒミツを確認してくださいね^^

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 21:57Comments(0)

2015年07月23日

完成住宅の見学会 開催!-予約制-

見学会のお知らせです。

完成住宅

今週末の7月25・26・27日(土・日・月)の三日間です。
場所:雫石役場そば。
国道46号線から入って分りやすい場所です。

詳しくはお問合せください^^

それから、26日日曜日の夜7:45から御所湖の花火大会があります。

渋滞の可能性がありますので、日曜日は早めの見学がおススメです。

時間によってはご希望に添えない場合もありますので、
余裕をもってご予約頂けるとうれしいです。

  
Posted by daikyohome129 at 20:16Comments(0)

2015年07月22日

失敗、、;

今朝6時、実験邸。

朝の陽ざし

その時刻の陽射しはこんなに伸びる。
夏はこんな感じで夜明け、あるいは陽が窓にかかった瞬間から室温の上昇は始まる。
ここで実験を次のステージへと切り替えてみた。
さて今日の猛暑日でどうなるか・・・

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 21:55Comments(0)

2015年07月21日

夏も快適な高断熱の家

今日も暑かったぁ、、
夕方の散水でもムッとした感じで堪りませんでしたよ。
シャツもびっしょりです・・;

真夏の家の温度

真夏の家の湿度

そして、今日の実験邸の温湿度。
下の湿度グラフはきれいに40%。
今朝の最低23℃でしたから頷けるというもの。

そして明日の最低予想気温は22℃らしい。
今、現場に行き夜の冷えを採りこむために窓を開けようかとも思ったけど、
今夜は空けても意味があるんだべか、、、と悩んでしまいます。

経験的に最低気温が、22℃以下にならないと冷やせないので。

スタッフが施主さんから教えてもらったお話。

 ほんと涼しいですよ。
 窓を開けない方が夜帰った時家の中がひんやりしている。
 一度窓を開けて帰った時があって、帰ったらその時はムッと暑かったんですよ。

とのこと。
こういう一言をもらえるだけでなんかうれしくなります。
ありがとうございました^^

さて、今夜は施主さんの話を参考に窓開けは中止に。
明朝早い時間の気温次第、ということにしようと思います(笑

  
Posted by daikyohome129 at 20:54Comments(0)

2015年07月19日

窓灯りののフォルム


海外って意外と夜にカーテンなどは閉めない。

窓明り

その窓からの灯りが街の灯りとなり、
闇にろうそくの炎が散りばめられたかのような、
あの感動的なシアトルの夜景を思い出す。

夜の街を彩る「窓灯りの日」、
なんて日が年に一度くらいあってもいいのに、
と思うのは、きっと私だけでしょうね。

皆が家のカーテンを開け、照明を灯す。
そして家族で小高い場所から夜景を眺める。
そんな夜があったら・・・

と、一人想像しただけでどきどきしてしまいます。

そんなことは無理としても、
我家に、そんな日をつくってみようかな。

ガーデンテーブル持ち出して、

窓明かり眺めて一杯♪

なんて、

そんな粋な夜も悪くないかもね^^
  
Posted by daikyohome129 at 17:49Comments(0)

2015年07月17日

省エネ住宅の究極探し

ーーーーーーーPR−−−−−−

超省エネな家の見学会を開催します。

完成住宅見学会

今回は特別に、ゆっくり見学して頂くために予約制です。
先進の技術やアイデアを知りたい方はぜひ!
25,26,27日(土日月)の三日間ですので、お申込みをお待ちしております^^

ーーーーーーーーPR−−−−−−−−

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 20:19Comments(0)

2015年07月11日

断熱の弱い線状って。

窓単体の性能はガラス、フレーム、スペーサーと額縁。
その他、窓の性能の要素である線状の部分である躯体と窓との接点。
施工業者が窓の性能を上げるとすればここに集約されるのだけど、、、

施工比較

次の一手、何とかなるかも♪

てなことで本日終了(笑

  
Posted by daikyohome129 at 21:02Comments(0)

2015年07月10日

住宅のクーリングテスト中!

現在、テスト中のお家。

クーリング試験の家

現在、夏をより省エネで快適に過ごすために、
3通りのクーリングテストを予定。

そこに今日、なんと2通りのクーリングテストが加わることに。
うれしいやら忙しいやら・・
考えてみたらひと夏って意外と短いものです。

気温やお天気との相談しながら、
5通りのテストを短期に切り替えしていかないと。。
組合せ効果も確認したいし・・

今年の夏が例年より長いことを祈りたい。
  
Posted by daikyohome129 at 21:31Comments(0)

2015年06月21日

”無暖房の家”見学会終了。

本日、県南との2会場同時見学会を終了。

岩手県南見学会住宅

ご協力いただきましたKさん、Nさん、ほんとうにありがとうございました。
お引越しやその後の片づけなど大変かと思いますが、
落ち着きましたらお住まいの感想など聞かせて頂けるのを楽しみにしております。

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 19:22Comments(0)

2015年06月19日

大開口の高断熱窓

昨日ある施主さんの家にお邪魔した時のこと。

 先日、この窓を開けてみたんですよ。
 そしたら何とも言えないくらい気持ち良かったんですよ。
 この窓は最高ですね。

そして今日の午後ある方を現場に案内した際は、

 なんという開放感ですか!?
 外にいるようなそのままの風が気持ちいい!

こんな言葉を頂いた主は、私も大好きなフォールディングドア。

大開口の高断熱窓 (1)

単なるテラスドアとしても使え、広く外と繋がりたい時は全開放できる。
開閉方式としては日本のメーカーにもあるけれど、
悲しいかな岩手で使いたいと思える断熱サッシではない。
きっと、トリプルガラスの重みに耐えうる断熱フレーム、金具がないからかと。

フォールディングドアの心地よさ。
これは体感してみないとわからない解放感かもしれません。

今の時期だからこそ、体験してほしいですね。

大開口の高断熱窓 (2)

今週末の見学会で体感できます。
見学会は、20日・21日(土日)二日間のみとなります。

あなたの手で開き、視界を、風を、感じてみてください^^

    ※完成住宅見学会の詳しい案内はこちら※  
Posted by daikyohome129 at 19:50Comments(0)

2015年06月14日

夏対策のトリプルガラス窓

暑くなりましたねえ。
今日は氷を摂りすぎたのかカラダがだるくなってしまいましたが、夕方からなんとか復調。
気をつけないとね。

さて今日は現在進行中の家のほか、窓ネタで^^

トリプルガラス断熱窓(1)

左側の縦4連のコンビネーション窓。
窓が開くところはどこでしょう?よく観て頂くとわかります。
  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 20:17Comments(0)

2015年05月12日

高断熱の家 PX-

PX-兇盧能工程に入っています。

高断熱の家PX-
















写真は昨日の写真。

当社の進化系プロジェクトモデル。

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 20:09Comments(0)

2015年05月07日

高断熱な家の窓の急所

今日はドイツの展示会ネタから^^

ここ数年の私のテーマの一つに、窓周囲の熱橋対策がある。
熱橋ってのは断熱的に周囲より弱くなる部分のことだけど、
展示会にその問題を解決する窓があったので紹介しようかと。

北欧の高断熱サッシ (1)















  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 21:16Comments(0)

2015年04月17日

通し窓のコンビネーション

今日は窓のコンビネーションのことをばぺっこ。

1・2階通しの縦に三連の窓。

家の通し窓 (1)
















こちらの家は、縦三連横二連の6面でのコンビネーションですが、
通しの縦三連としては2軒目の家になるかな。


  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 20:25Comments(0)

2015年04月02日

高断熱住宅の弱点

断熱材の性能を上げれば上げるほど、
断熱材を挿入できない又はしにくい部位との落差が激しくなる。
それはヒートブリッジと呼ばれる箇所で、柱もその一つ。

柱も、外壁の平面部に立つ柱と、外壁の出隅部に立つ柱とに分かれる。
出隅部の柱は外気温の影響を二面から受けるため、
室内側の入隅部が他のヒートブリッジ部に比べて冷やされることになる。

その弱点をできるだけ解消したいとずっと思っていた。

今回チャレンジしているのはそれを解消するべく、
隅柱に断熱5儻の断熱を二層10僂鬟汽鵐匹靴臣譴箸靴討澆拭
これは在来工法ではできにくいことで、ツーバイフォーだからできる。
且つ北米構造の発想だからできたこと。

大きくは同じ断熱材を使った場合、断熱シュミレーション的には大きな開きは出ない。
だけど、この小さな配慮が、一か所が二か所になり数か所となる。
他のヒートブリッジ、例えば窓の線状ヒートブリッジも一つ一つ補強していく。
これら小さな配慮を積み重ねていくと、結果の差は大きなものになる。

断熱性能が高い領域になればなるほど、その効果は大きくなる。

計画シュミレーションでの違いは、大きな部分でしかないけど、
暮らしてみての結果は、この小さなことの積み重ねだと思えてしょうがない。

工場での次の打合せの後に視界に入った岩手山。

岩手山














この大きく雄大な岩手山だって、

考えてみりゃ、小さなものの集合体なんだよなあ。

小さなことも積み重ねてたら、砂山くらいにはなれるかもしれないべ。

  
Posted by daikyohome129 at 20:51Comments(0)

2015年03月23日

高断熱住宅の盲点

数年前、冬季の趣味である断熱チェックしていた時のこと。
それまで感じたことのなかった違和感に気付いた。
サーモカメラをズームする。

この結構な温度差は・・・

断熱住宅の盲点
















  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 21:15Comments(0)

2015年03月19日

北欧の家の断熱ノウハウ

今日は北欧視察の写真とカタログを探る作業があったので、
せっかくなのでその延長で、ブログ用に写真をピックアップしてみました。

北欧の家 (1)
















既出のヘルシンキの住宅展示場から。

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 20:50Comments(0)

2015年03月16日

北欧の家づくり技術

今日は1月のドイツの展示会ネタで。

北欧の家の技術(1)


















壁の中をズームした写真。
何を撮りたかったかというと、このオレンジ色の金物ビス。
このビスの見えるところが、本来なら断熱層になる。

ただ、ここに断熱があるとビスが見えないので、
この模型から断熱材を取り除いたカタチでのディスプレイとなっているわけ。

でも、このディスプレイに感心を引かれてしまった私。

北欧の家の技術(2)
































これを見た時、何これ?
壁も屋根も、胴縁を宙に浮かせたようなこのディスプレイって。

一体、何なんだ? 何を訴求してんだべ?

てなことで、吸い込まれるようにブースに入ってしまったのは言うまでもありません。

こちらは外断熱用のビスのメーカーです。

この模型を両手で掴み、揺らしてもびくともせず、かなりの強度がある。
ビス2本をワンセットとし、そのうちの1本を斜めに打込むことで、
ビスのみで充分外壁の垂れ下がりなどないですよってことを伝えたいわけ。

にしても、厚い外断熱材をブラケットなどに頼らず施工できるってのが凄い。

ここでぺっこ妄想が広がってしまいましたね。


さて今日は、とってもいい陽気で、まさにフレーミング日和でした。

フレーミングの家
















写真のように、腕まくりできる季節になりました。
でもまだ油断はできません。
だって先日は、雪を散らしきったぞ!って時のドカ雪でしたからね。
つい、期待しすぎないようにと、「まだまだわからんべ」と意識してしまいますね^^;

陸の流氷?













春がくりゃ、黙っててもじきに雪は溶けてなくなる。
そうは分かっていても、少しでも早く雪を無くしたいと無駄に見える作業をする、
そんな岩手人の習性っていいのか悪いのか、、、

でも、こうして散らした後の雪を眺めるのって嫌いじゃない。

勝手に、流氷に見立てて楽しんでますので(笑

何点はただ一つ、あとの筋肉痛。
それも前向きに考えれば、春に向けての筋トレになっているかもしれません。
雪が溶けたら、次はバスケで体力づくりって感じでしょうか^^

  
Posted by daikyohome129 at 19:57Comments(0)

2015年03月09日

完成住宅見学会終了!

先週末の見学会、たくさんのご来場をありがとうございました。

見学会の家












「土曜に二度来たけど、入れなかった」という方も、
日曜には見学できてちょっと安堵したり、
また、ご近所で20年前に建てていただいたお施主様もご夫婦で来てくれたり、
うれしかったですねえ!
そのOB施主さんは、当社に2年間在籍した
アメリカ人デザイナーによる設計でしたからね、記憶は鮮明。

見学会って、再会するきっかけも与えてくれるのですから、
これからも大事にしたいものです^^

それもこれも、見学会場として快くお貸し下さった施主様のご厚意あってのこと。
施主様には心より感謝します。
ほんとうにありがとうございました。


今日は、先週の建材展で気になったものを一つ。

おもしろいモノ (1)













おもしろいモノ (2)













保水材です。
芝が張ってあるものもあるのですが、
下の写真のように保水材に穴を開けて栽培?もできる。

この保水材は、水平に水分が広がるってところがすごい。
なので保水材を立てると、水がジャーって落ちてくるんです。

これって、何かに使えないべか・・・

てなことでチェックしました(笑

  
Posted by daikyohome129 at 20:16Comments(0)

2015年03月07日

高断熱住宅の取組み

一昨日はセミナー会場となる東京の某ホテルへ。

このセミナーに参加されるのは
北関東で展開されている住宅建設関連の経営者の方々。
というわけで、サブタイトルはVIPセミナー!!

岩手の高断熱住宅 (1)













会場に一時間前に到着し、簡単なリハーサル。

何やら、堅苦しい場所にやってきてしまった私。
普段、ネクタイなどしない私がネクタイをし、ここで私が講演だなんて、、、
不釣り合い極まれり・・
こりゃ緊張するなって方がムリでしょ。

でもまあ、なんとかやり終えました。
今回は、「高断熱住宅への取組み」が講演テーマ。
お歴々の方々に教えられることなどない。
私が伝えられるのは普段やっていることのみ。

何か参考になることを伝えられたかは不安だけど、
終わってしまえば、あとはリラックス。

岩手の高断熱住宅 (2)














私の次に講演された大学教授の方。
テレビにも出演される有名な先生でいらっしゃるようで、
堅いお話かと思えばそうでもない。

私の話なんぞよりずっとおもしろかったんです。
後半なんかは最高!ずんずん引き込まれ、
メモるのが追いつかいない程、為になるお話でした。

この後はお決まりの懇親会。
そして二次会〜三次会と繰り出してお開き。

翌日は二日酔いを引きずりつつ、ビックサイトの建材展へ。

そして今日から見学会。

窓で極める高断熱の家
















今日もある時間帯は混みあってしまい、帰られた方も多かった様子。
ご迷惑おかけして、ほんとうに申し訳ありませんでした。

明日、もし再度来られるようでしたら、今日とは違う時間帯に来られたら
きっと見学できると思います。
懲りずにお越し頂けるとうれしいです。

明日も、できるだけわかりやすく、
私たちの高断熱な家への取組み、
その大切さをお伝えできたらと思います。

今だからわかる、

冬の快適さを、ぜひ体感しにいらしてください^^

  
Posted by daikyohome129 at 19:46Comments(0)

2015年03月02日

完成住宅見学会

今週末は盛岡市にて、完成住宅見学会を開催します。

完成住宅見学会




































今回の見学会のお家はPXシリーズです。

PXシリーズって、何なの?ていう方のために簡単にご説明を^^;  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 21:07Comments(0)

2015年02月17日

超高断熱住宅の急所

今日ぺっこ遊んでみた。
ガラススペーサーを変えてみた時の温度解析してみた。

ガラススペーサーの断熱比較


















  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 21:48Comments(0)

2015年02月13日

今だから体感、暖かい家

荒れた天気も、こう連日だとぺっこ萎えますね。

厳しい岩手の冬











































給湯室の窓から、外を見ることもできないべ・・

この天気だと、明日明後日の体感&見学会の来場者はちょっと大変かも。
でも本当は、こういう寒さ厳しい今だからこそ、
ぜひ体感してほしいですね。

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 21:00Comments(0)

2015年02月11日

クリプトンガスv.s超高断熱サッシ

最近、国内の各サッシメーカーがトリプルガラス採用の超高断熱サッシを発売。
当初Uw=1.0を切るレベルでの競い合いだった。
それが最近では、一気にUw=0.8を切りコンマ0.1を争う展開に。

これはサッシフレームの性能ではなく、ガラス性能に依るものだ。

・・・ 

超高断熱サッシ














  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 17:24Comments(0)

2015年01月23日

北欧の高断熱住宅の材料

昨日はDAU二日目。これでBAU視察を終了。
話しの流れから、紹介により予定外に三つ目のミーティングが実現。
その内容は私が知らなかった世界。
無知であることを思い知らされる貴重な機会を得ることができましたね。

これを知らなくても家はできる。
でも、知ることができたらもっといい家ができる。
これからの可能性の窓が開くはず。

久々に、頭も気持ちもパンク(笑

いい一日でした。

せっかくなので、視察したものをぺっこ。

先ずは、住宅の一般的?な高断熱の壁。

超高断熱住宅の材料(1)


















  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 12:17Comments(0)

2015年01月14日

岩手の暖かい冬のために。

今日は今日とて、温度を追いかけまわしたような一日。
というのも、どうも仕掛けを掛け違えていたみたいで、
私の能率の悪さは天下一と胸を張れるかもしれません^^;

それから今日は、ツボ探しの第一弾。

高断熱と冬の温度(2)









大体、ここら辺だべってのは分かっているんだけど、まだ微妙な位置・・;
明朝、再度微調整の必要か、、、

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 21:48Comments(0)

2015年01月12日

奥深い北欧の家の断熱

完成された家を見ただけでは、その裏側に隠された技術やノウハウって
プロでもそうわかるはずもない。
わかる人もいるかもしれないけど、至難であると思う。

だから、工事中だとか、構造断面だとかを見たくなるわけ。

北欧の家の断熱




































こういう実物大のサンプルを見て断熱なりのしくみを見て、分かった気になる。
ここでも見えない、わからない部分がある。
窓と壁の取り合いにどんな配慮がされているかもわからない。

つい最近まで、私の経験値でイメージできるのはそこまででした。
今思えばなんと狭い見識だったか、、、
この奥にまだあったとは・・

これまでの検証の中で、その問題には気づき私の及ぶ限り対策を施したつもりでいた。
ところがそれをはるかに上回るノウハウを見てしまった時のショックというか、感動?
さすが!と脱帽してしまった。
対処的なノウハウではない、根本的な対策に思えた。

但しそのノウハウは単純にマネすればいい内容ではない。
クリアするためには、構造的な問題から納まりまで組み直す必要がある。
パーツも国内にはないけど代用できるものはある?
但し、専用部材であったほうが、施工性としてはいいだろう。

・・・ 早々に方向性を決めなければならない。

それによっては、来週からの出張テーマの変更もあり得る、、

出張前、何やら気忙しくなる。

準備万端とはいかないまでも、最大限テーマをクリアできるように、
整理しておかないと。

とは思うも、いつも取りこぼしてしまうのはなぜだろか。。

  
Posted by daikyohome129 at 21:19Comments(0)

2014年12月27日

岩手の住宅の体温

今朝はこの冬最高の冷え込みだったらしい。
”らしい”と言うのは、私の自宅ではそんな寒さを感じることもなく、
外に出ても、温まった身体ではどうも感じ取りようもなく、他人に聞いてわかった。
これって鈍すぎるかもしれないですけど^^;

そんなわけで、今朝データをチェック。

岩手の住宅の温度














岩手県盛岡市玉山区にある断熱実験棟の温度、時刻はAM8:20。
データから最低気温は、-12.7℃。
  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 19:53Comments(0)

2014年12月14日

高断熱住宅を変える

今朝が最近では一番寒かったのではないでしょうか。
皆さん、投票に行かれましたか?
私も、今回は家族も引きずり出して行ってきましたよ(笑

でも、寒かった。。


高断熱住宅の温度










データ計測中のこちらの家の外気温は、なんと−7.1℃を記録。
さてこちらはいろいろと試させて頂いたPX‐1の家。
2回目の冬を迎えました。

このPX‐1と、データ収集している他のお家と比較。
そして、未入居な家とも比較。

それに

住宅の高断熱試験














データ収集しているこちらからとも。

比較検討の結果、
より効果的な施工方法が見えたように思う。
即、可能な家から順次施工法の変更をするべ。

当たり前なことへの疑問から始まって、
試してみて、ぺっこずつ疑問が晴れてきて、
また再度違う角度から比較してやっと決定にこぎつけた。

やはり、検証には二冬は必要なのかもしれません。

昨日よりは今日、そして明日はもっと、
良いカタチへ進化させたいですね。

小さな一歩と一歩の足し算も、
時には掛け算になることもあるかもしれませんしね^^;

  
Posted by daikyohome129 at 20:03Comments(0)

2014年11月29日

住宅の断熱&蓄熱実験

昨日からスタートした2015年版断熱試験。
今冬のテーマは躯体断熱の再現テストVer.2。

高断熱住宅試験














例えば、この温度の違いを見てください。
断熱暑さは表示の通り。

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 20:11Comments(2)

2014年11月28日

超高断熱住宅の体感&見学会

今日は実験棟用の計測セット新しいのに交換し計測開始!
しばらくは、基本データ収集。
それから、いじりまくろうかと(笑

そして新しく計測スタートしたお家も。
それが明日明後日の見学会のお家です。
データを楽しみにしていてください。

明日、明後日の見学会。

家の見学会
















毎年、間違いなく訪れる冬。

寒いの苦手、朝が辛い、冷え性、過乾燥嫌い、結露&カビはもっとダメ、

そんな方には、ぜひとも体感してほしいお家です。

明日は雨模様。
それほど冷え込むわけではないようですが、
それでも窓際に立ってみて感じて頂ければわかるはずです。

現地に変なおじさんがいたら私です。
遠慮なく、お声をかけてください^^

  
Posted by daikyohome129 at 17:16Comments(2)