2012年03月14日

アメリカ住宅の現場から

今日は先日訪れたロサンゼルス郊外の住宅地の工事現場を少しだけ。

私がなぜいつも工事現場を見たいかというと、
断熱や構造、そしてそこに隠された工夫や配慮を発見したいからです。
工事現場ごとに建築業者も違えば作業技術者も違いますからね。

出来上がった住宅の素敵な空間。
その空間には、その空間をつくり出すための技術があるのです。


アメリカの住宅現場
















壁の曲面や下がった壁のアールの施工法も参考になる。



アメリカの住宅現場
















断熱施工も、どういう断熱材を使い、
どういうところに配慮された施工があるかも見たいポイント。

アメリカの住宅現場アメリカの住宅現場







現場で見かけた断熱材。
この性能の違う断熱をどう使い分けするのかとかね。

そしてこの現場での発見で大きかったのがこれ。

アメリカの住宅現場
















外周の構造壁が二重になっていたこと。

よく超高断熱のための断熱厚さを確保する目的で
二重壁にするケースは知っていましたが、ここは断熱目的ではありませんでした。

その目的は、

アメリカの住宅現場
















写真のように、窓をより奥深く見せたいがためです。

外観デザインには重要な窓の表現。
そのためには、二重の壁までやってしまうところがすごい。

アメリカの住宅
















家の表情をつくるために、

どこがポイントで、

それをどのような技術で実現するか。

そんなツボを発見するのが楽しいんですよねえ。


楽しいと言えば、私の予備実験・・またしても失敗。
というか、今朝データを取ろうとしたら大破してた・・;

まあ、このくらいのアクシデントはいつものことと、
ポジティブに考えながら、今日も新たに装置をつくってみた。

ちょい、改良はしたつもりなんだけど・・・

どうなることやら。。

  

Posted by daikyohome129 at 21:45Comments(0)

2011年10月31日

間取りの表現


住宅1















住宅地で家の写真やポイントになるところを撮りまくる。

だけどときどき・・・
この家の裏はどなってんだろ?この外観の間取りはどうなってんだろ?
と興味をかき立てる家に出くわすんだけど・・・
ただ外側を撮ることしかできないのがもどかしくなる。

そこで今日は
何年前かは忘れたけど、以前住宅展示場見学したときにもらった
パンフに載っていた各モデルハウスの間取り図を。
後の参考にと、取ってあったものを今日引っ張り出してみました^^

撮った写真と間取りとをすり合わせしたいときに役に立つんですよね。
間取りのみですが、その一部を紹介しますね。
  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 20:52Comments(0)

2011年10月29日

ドイツの住宅地から

今日は住宅地を散策していて気になったものを一枚。

篏�絎���違�����















素材の使い方手法がおもしろいですよね。

こういうのもありなんだなあって、感心してしまった玄関です^^


実は今日も、化け文字になってしまいました
原因はサーバーと切れてしまって、、、
ここ最近、なぜか私のPCだけがこんななんです。

だからすごい不便なんです。
仕事控えろよってことでしょうか。
月末までの報告書を間に合わせられるどうか・・・
急に不安になってきました。。;  
Posted by daikyohome129 at 21:18Comments(0)

2011年10月26日

プライベートテラス

家族との時間や一人で過ごすプライベートな時間。
今日は住宅展示場で見かけたそんな場所のいくつかを紹介。

ドイツの家1















ドイツの家2














ドイツの家3















ドイツの家4















ドイツの家5

  
Posted by daikyohome129 at 19:36Comments(0)

2011年10月22日

住宅展示場

今日は、見学した住宅展示場の一つを。

住宅展示場1















少し神社仏閣っぽくも見えるモデルハウス。

屋根形状、窓スタイル、まさにパッシブハウススタイル。

住宅展示場2















玄関からホールを通して見えるリビング。


住宅展示場3















そして、LDKの雰囲気。

写真では見えないけど手前側、そして奥側と、
結構おもしろい造りになっているんですよ。

以上、今日の展示場紹介はここまで。

最後に移動中に視界に入ったものを^^

発電畑















車窓からなのでちょっとピンぼけしてますが、
畑の中に太陽光発電パネルが!?

規模はそれぞれ違ってますが、よく見かけました。
以前来たときは風力発電ばかりだったのに。
この太陽光発電もまた風力発電と同じように、
農家の事業として成り立っているのだと思います。

というのも、農家の畜舎や倉庫みたいな建物の屋根には、
かなりの割合で発電パネルがびっしり並んでましたから、
戸建住宅の比ではないでしょう。

そういえば、50棟以上も立ち並ぶ住宅展示場で、
太陽光発電パネルが屋根に乗っかっているのを見かけなかったような・・

きっと、
「太陽光発電付き住宅」みたいな売り方は日本だけではないかと。
住宅はあくまで住宅、発電設備はあくまで付加できる設備、
セットではなく”別物”としてとらえているからではないかと思いますね。

後日紹介したいと思いますが、
壁面にデザインの一部として発電パネルが使われているモデルもあった。
発電フィルムというものも登場しているし、
発電と美観の両立、これからまだまだ目が離せそうにない分野ですね。

  
Posted by daikyohome129 at 21:21Comments(0)

2011年10月21日

トルコな視界

帰国してから何やら気忙すい。
ついついここもさぼってすまって失礼すております(_ _)
今日は私が拾った何気ない風景をば紹介しよかと。

イスタンブールには夜に到着したものだから、
翌朝ホテルを出て初めてシャッターを切った。

それが、これ。

トルコ猫1トルコ猫2







そこらでくつろいでいる猫たち。

野良なのか飼いなのかわからないけれど、大事にされている様子。
毛並大きさは・・・日本のと変わらないですね。

釣り1釣り2







橋上の釣り師たち。
釣れていたのはボラとアジ。

ただ・・・ 橋のゴミにはぺっこ悲しさも。
も少しきれいにすっぺよお!
も少しマナーが良ければ釣りっこ仲間になれそうなのに。


そして、レストランでの発見!!?

窓1















この窓って・・・

FIXのコンビネーションかなあ、なんてしばらくは見てた。
だけど、見回してみると一か所だけ窓が内倒しで開いている。
・・ ・・ ・・ これって!?

近寄ってみると、

窓2















4枚ガラスで1枚の建具になっているでないの?
そして、へーべシーベだべ。

これ、おもしろい!!

ぜひ、いつか使ってみたいと思った窓。

窓3
















外から見るとこんな感じでした。


そして・・・、ちょっとだけ内輪な話を。

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 21:36Comments(2)

2011年09月17日

夜の虹なんてのも。

昨日はどうもPCの調子が悪かったのか、
サーバーに繋がらず、写真を取り込めず投稿を断念してしまいました。
そのお陰で晩酌タイムはいつもよりゆっくりできましたけど(笑

さて、

今日はストリートオブドリームスから私好みで一枚。

数年前のストリートオブドリームスならよく見かけたのに、
今回は1軒でしか見なかった庭にあるせせらぎ。

せせらぎの庭




































いつか、事務所の裏庭にでもと狙っているんですけどねえ。

そんな話を私が持ち出そうものなら、

  事務所の外装・改装が先でしょ!

とあっさり言われてしまう始末。。
そう、物事には優先順位というもんがあるようです(悲


夜、ライトアップされたらこの庭はどんななんでしょうね。


ここで水音を愛でながらグラスを傾けたら・・・

どんな時間が、流れるんでしょうね。

夜の見学も、いつかしてみたい気がします。

ここを眺めていて思い出したのが、
この朝の散歩で見かけた公園の噴水でした。

噴水



















こんな大きなものじゃなくても、小さな噴水でも悪くないべ。

LEDでほんのちょっとだけ夜の彩を変えられて、

もし、夜の虹なんてものが見られたら・・・

ぜったい、

グラスに虹を浮かべて、呑みほす!! だろうなぁ。

そう思わせてくれたのが、

噴水と虹


















公園からの帰り際、噴水に浮かぶ虹。
ちょっとした早起きのご褒美ですね。

よく見えないと思うけど、よく見ると
噴水みぎ上から左方向に延びていますよ^^

  
Posted by daikyohome129 at 20:02Comments(2)

2011年09月15日

夢ある・・

本日、一枚のみ^^;

好きな壁
















さあ、この写真は何でしょう?

これ、結構私には感動もんだったんです。

ゲームセンターのレーシングコーナーにでも見えますか?

もし、これをわかった方がいらっしゃったら尊敬します。
あなたはきっと夢のある方ですよ。

実はこれ、

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 20:06Comments(2)

2011年09月11日

アメリカの窓際

好みでつい窓際を丹念に拾ってしまうのは私の悪いクセ。
そこで今日は、窓際ばかり?の写真のいくつかを。

アメリカの家の窓際















アメリカの家の窓際2
















アメリカの家の窓際3アメリカの家の窓際4








アメリカの家の窓際5アメリカの家の窓際6








窓際と違うけど、私の気に入ったポイントを一枚。

アメリカの家のポーチ
















これ、

な〜んか、いいんだよねえ。

  
Posted by daikyohome129 at 20:43Comments(0)

2011年08月18日

北欧から贈り物

今日から、本業務開始!
お休み期間中の私の宿題・・ 終われなかったけど、それはそれ。
どこかで埋め合わせせねばと。

今日はアイルランドの友人が、
お盆中に送ってくれたたくさんの写真の中から、ノルウェーの写真をぺっこ。

ノルウェー1


















なんか魅かれる写真。

ノルウェー2


















建築分野でもない友人が私のために撮ってくれたのでしょう。
泣けました!

この施工現場から、二つのことを知ることができるし、
別な施工写真なんか、なかなか探しても出会うことのできない、
結構貴重なものもあった。

Yさん、ほんとうにありがとうね。
バテ気味だったけど元気が出てきましたよ^^

  
Posted by daikyohome129 at 22:01Comments(0)

2011年07月10日

フランスだあ。

昨日、友人から大きな社封筒が届いた。

おおっ!?

これはもすかて♪

と開けてみると、それは待ちに待ったものでした。
フランスから戻った友人Tさんからのお土産です。
その中身とは、CD一枚なんだけど、そこに収まった写真はなんと600枚以上。

うれしいじゃないですか。
Tさんが見たもの視界に入ったものが漏らさずここにあるんですから。
ひとつ一つ眺めていると、さも自分も行ったかのような気分になれる。
それに、あの窓。窓ふぇちの私には衝撃的v
これって、私には一番うれしい贈り物ですよ。

Tさん、ありがとうございました!

てなわけで、今日はTさんの視界を2枚ほど^^

フランス・・














フランスの窓



  
Posted by daikyohome129 at 20:11Comments(4)

2011年01月31日

北欧の天窓


本日は見本市で見かけた天窓事例を。

天窓1


















先ずは天窓にもあったルーバー?タイプ。
これにはさほど興味は持たず(笑)

そして、
いいぞお!こうじゃなくっちゃ。
と見上げたのがこれ。

天窓2


















天窓3


















上は木製の天窓で、下は樹脂の天窓。
共に外部はアルミカバーされている。

前にもここに挙げたと思うんだけど、
屋根裏部屋をこんな風に連窓できたら・・・
との憧れからつい引き込まれてしまった。

でもこれはディスプレイ用として見ておこうかと。
実際、こういう風にはできるだろうけど、
どうも窓と窓の間の納まり(施工法)で不安をぬぐえない。

そこで、この窓ならと思えたのが下の窓。

天窓4


















この窓のように樹脂の一体型タイプなら、
施工上は天窓一つと同等と考えてもいいのではないかと。

ところで、
これ見ている時は別の方に気を取られ頭に浮かばなかったけど、

これって、3連もできるのかな?・・


もし3連できるなら、この窓下にベットを置き、

冬は柔らかな陽射しを受け、

夏はオーニング装備で陽射しを遮蔽しながら朝の涼しい風を呼び込む。

そんなイメージができてしまう。

いつかは使ってみたい窓の一つですね。

  
Posted by daikyohome129 at 20:39Comments(0)

2011年01月28日

北欧の住宅地

今日はミュンヘンのホテル近くの住宅地で見かけたいくつかの家を紹介。
ここはダウンタウンからは20分くらい離れた場所です。

北欧の住宅1

















北欧の住宅2北欧の住宅3








北欧の住宅4北欧の住宅5








北欧の住宅6北欧の住宅7








道路から見える分には、日本の住宅地とそれほど変わらないかも?
最初はそう思っていたんだけど、ちらっと見えた奥にある裏庭。
この裏庭がけっこう懐があるんです。

ガレージなどの遮蔽物により裏庭のプライバシーを確保している。
だから視覚的に気付かなかったんです。
日本だったら、道路から見て奥に家を建てそうなところですけどね。

ガレージと住居、そして庭との関係が明快な住宅地です。
殆どという殆どの住宅で道路から見たらガレージは横にあります。
ガレージについてはいつかまとめて紹介しますね。
同じような感じなんだけど、微妙にそれぞれに配慮があったり。
私的にはこの住宅地では一番ガレージ見るのが楽しかったかな^^

  
Posted by daikyohome129 at 22:03Comments(0)

2010年12月29日

昔のシアトル・・

ここ数日忙しさと体調の悪さが重なりさぼってしまいました。
そうしてたら、なんと今日はもう事務所の大掃除の日・・
ほんとに年末って悲しいくらいにあっという間に過ぎてしまいますね^^;

今日の掃除で引っ張り出した箱一つ。
その中には写真アルバムがごっそり。
これっていつのだべ?と写真の日付を見ると、

なんと、 91年9月×××!!?

20年近く前だ。

当時はオレって何歳だったんだ?

想像するだけで恐ろしい。。

それはともかくとして、
サーバーにストックしとけばいいか、てことでとりあえず取り込んだ。

その一部を、取り込んだまんま紹介。
お見苦しい点はご勘弁ください^^;

昔のシアトル1昔のシアトル2
















この当時はねえ、、感動的でしたよ^^
住宅のデザインといい、その住宅の価格にビックリさせられました。

例えば左上写真。
おそらく土地4~500坪に写真のような素敵な家が付いて
3000万円代後半位ではなかったかと。

右上写真なら・・・
おそらく土地建物で合わせて、2000万円代後半から3000万円前後、
と言ったところではなかったでしょうか。

それが今じゃあ、どちらもきっと億単位でしょうね。

そしてお次は・・

昔のシアトル4昔のシアトル3
















私の大好きなシアトルのストリートオブドリーム。
当時はほとんどの屋根材が、ウッドシングルか天然スレートでしたね。

そして工事現場。

昔のシアトル6昔のシアトル5

















左のドライウォール工法に、
写真でわかるように右は断熱と空調ダクト。

特に、左のドライウォール工法には驚かされた。
日本だと、
大工さんが作業の中心であり、大工さんの工程の後に仕上げ工程。
だけど、アメリカは違った。
壁天井の仕上げを終えてから大工さんの造作工程なんです。
私の建築常識が大きく覆された瞬間でした。

アメリカのお洒落な外観やインテリア、そしてその価格の安さは、
見て誰もが感じる通りだったのですが、
この日本とは違う「逆工程」を知ってからは、

アメリカの現場には、日本の私たちが知らない何か、
奥深いノウハウや工程の秘密みたいなものが、きっと隠されてる!

そう感じましたね。
だからその後、年に何度も行くようになったんだけど^^;

私の場合、その時々のテーマができると集中します。
右写真の空調のダクトもそう。

空調の送風音もしない、室内での送風感もない。
だから冷暖房していることに気付かないくらい、
なぜ、アメリカの空調はこんなに静かなのか?

から始まるともう止まらない(笑)
それまでの日本の当たり前との違いがどうしても知りたくなる。
そして現場の施工法やシステムを一通り調べた後、
我が家の冷暖房空調システムとして採用してみた。

この時の一番の興味は輸入した断熱ダクトの施工性。
1mのダクト(送風管)が10mまで伸びる代物を採用。
施工性は・・・バツグンでしたv

その他にもお宝はいくつもあったのですが、
また今度ということで^^;

当社も、いよいよお休みに入ります。
通常業務のスタートは、1月7日(金)から。

<住宅展示場”ウィズアス”>について。
お休みは、12月31日と元旦のみ。
その他の日はずっと公開中!となっておりますので、
お時間のある方はお立ち寄りください^^

  
Posted by daikyohome129 at 16:09Comments(2)

2010年10月20日

カナダの住宅

今日、入っていたアメリカ視察案内のファックスを見ながら、
そう言えば、ここ数年アメリカとかカナダにも行ってないな・・・
とぺっこ寂しさを感じてしまいました。

そんなことで、今日は懐かしいバンクーバーの住宅を二つ^^;

カナダの住宅

















カナダの住宅


















こういう写真をみると、
次の海外の準備もそろそろ・・・と思い出してしまう。

行きたいと言っている人が本当に行くなら、メンバーは7人。
もしそうだとすると、団体割引だ!
と、単純に喜んでもいられない。

日程どうすべ・・・
行かなきゃないとこ、行きたいとこ合せたら計5か所。
自分で行程組んでる時間もないし、、
誰かにプランを頼むしかないんだけど・・・
と、今日の私の頭では悩んでも何の解決にもならない。

ということで、明日悩むことにします。。
  
Posted by daikyohome129 at 19:31Comments(0)

2010年09月25日

プロヴァンスの住宅展示場

今日は南欧の住宅展示場から。

プロヴァンスの住宅展示場















プロヴァンスの住宅展示用?プロヴァンスの住宅展示場?







一通り表を眺めて歩く。
そこで今度は、住宅展示場の裏側にも回って観る。
デザイン的にはそんなに期待できないけど、
少なくとも日本の住宅展示場より発見多いですからね。

プロヴァンスの住宅展示場?プロヴァンスの住宅展示場?







プロヴァンスの住宅展示場?






























意外とぞんざいになりがちな家の裏側。
そこに、こういうちょっとした小窓の表現を難なくやってしまう、
そんなとこがすごい。

・・・

見習いたいものですね^^


  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 20:39Comments(0)

2010年09月13日

南欧住宅のアプローチ

今日は、南欧の住宅展示場で見かけたおもしろアプローチを。

南欧住宅のアプローチ















長〜いスロープ。
玄関前には階段のあるアプローチはあったんですけど、
バリアフリー対応ですね。

ここでおもしろいと思ったのが、
布基礎にファイバーのデッキ材?を乗っけて、
車いすのスリップ対策なのか凹凸が!?
これだと、リフォームの後付けなんかに良いのでは?
と拾っておいたものです。

スロープカーブのところは、へへえ!って感じの納め方してましたね。

そして目線を流すと・・・

南欧住宅のアプローチ脇・・


















換気口??

でも壊したような・・

メンテナンスのための点検口代わりな気配・・
てなことで、こういう場所見つけたら一応覗いてみたくなるでしょ^^

南欧住宅の床下

















一般の方には興味のないところだとは思いますが、
これが南欧住宅の床下です(笑)
この状況は、やはりメンテナンス中のようですね。

最後に、よくあり気な枕木?タイプを。

南欧住宅のアプローチ















芝生に埋め込んでいる踏み段。

ここで私が気になったのは・・・ 踏み木に巻きついているバンド。

・・・ 何故だんべ?

土の中にもう一つ埋もれた台木があるのかも?・・
そうなら確かに安定するべな。

木の太さをデザイン上加減したかったり、細い材でも活用したい時なら、
ナイスアイデアかも!?
と勝手に良いように解釈させていただきました。

スタイルによっては、簡単でおしゃれに。
のヒントになりますね。
北欧もそうだったけど、気をつけて観ると、
外周りにも意外とヒントって多いものですよ^^
  
Posted by daikyohome129 at 20:47Comments(0)

2010年08月25日

北欧の粋な小技

ほんの少しだけ秋の気配を感じられるようになったけど、
まだまだ残暑厳しいですねえ。
今日、時間があったら一人アイスでも食べようかと思ったんですが、
結局気が付いたら夕方でした。。

そんなことから、今日はアイス代わりに・・・
北欧ネタで、小屋根の窓をぺっこだけ。

北欧の小屋根


















北欧の小屋根

















この二つの写真で共通するのは、

小さな三角部分まで窓でおさめているところ。

こういう細かいところに、いつもスゴサを感じてしまいます。
基本的に規格サイズを持たない地域柄だからなんでしょうけど。
うらやましい限り。

できなくはないが、

しがし・・・・

何とか、もっといい方法はないもんだべかぁ・・;

と、もがき続けてることの一つ。。

もう少し気温が私の適温になれば、

いい案も出そうなんですけどね^^;

  
Posted by daikyohome129 at 22:08Comments(0)

2010年08月22日

南欧住宅の屋根:プロヴァンス編

南欧住宅の外観で、特徴的なポイントと言えば、
,鵬虻瓦、△冒襯轡礇奪拭次↓に外壁塗りのテクスチャー
でしょうか。

そこで今日は、南欧で観た住宅の屋根、特に屋根瓦についてぺっこ。

南欧住宅の屋根瓦

















プロヴァンスの住宅展示場の一つ。
左側屋根軒先付近に、一見、
北国では見慣れたような雪止めアングルぽく見える部分があるけど、
よく観ていただけばわかりますが、棟瓦ですからね^^;

プロヴァンスエリアは、屋根瓦の形、色合いは、
スペインと同じように写真のようなスタイル一本やりと言う感じ。
そこが同じフランスでもパリ近郊とは違っています。

遠目には無機的にも見える壁と瓦の家。
けど、テラス屋根の軒裏なんかは一転。

南欧住宅の軒裏



































写真のように木の風合いが。

でも、
実は上の写真のように、板で仕上げているのは稀。

南欧住宅の軒裏















この写真のように、屋根瓦の下は屋根タルキに瓦ザンのみ、
瓦をそのまま見せているケースがほとんど。
これはスペインでも同様です。

これはこれでボクは好きなんですけどね。
ただ、日本だと防火規制などを配慮するとちょっと難しい面も。


南欧住宅のポイント















これは一番上に写っているのがテラス屋根の裏面。
外壁から浮かしているのがわかりますか?
上屋ではありませんよ。

そしてこの外壁の仕上げ、ふわふわ感がいい感じ♪

瓦って、使われるのは屋根だけじゃないんです。

南欧住宅の瓦の使われ方:例















中庭テラスの壁上に、こんな風にも使われたり、
塀なんかや壁のワンポイントに使われたりしています。

日本だって、和風の塀に和瓦載ったりしてますよね。
あれと同じです。
瓦だから、使用場所は屋根。
という固定観念にとらわれる必要はないんです^^

瓦を床に使うってのは無理あるかもしれませんが、
「瓦を壁に使う」っていうのはありだと思いませんか。
ワンポイントだからオシャレってことだってあるしね。
こういう点では今回かなり学びは多く、
イメージのキャパは広がったように思います。

あとは硬くなりかけたオツムを軟らかくできたら・・・
言うことないんだけですけどね^^;


    南欧の住宅展示場は、
    ココログ2号がブログで一部紹介していますよ。

  
Posted by daikyohome129 at 20:21Comments(0)

2010年08月09日

南欧の車窓から

今日はTGVからの眺めを。

TGV
















マルセイユからパリまでの3時間ほどの間、
空席に移動し眺めた家&景色たちです。

私の視界に入った順番に写真を挙げてみますね。

南欧の車窓南欧の車窓から







南欧の車窓から南欧の車窓から







南欧の車窓から南欧の集落







南欧の集落















車窓からこういう風に眺めていて気付くことがあります。

南エリアでは、
 (寝阿多い。
 屋根の勾配が緩い。
 というように、比較的スペインの住宅に近い。

それが北エリアに近くなると、
 。桶建てが多くなる。
 急勾配の大屋根。
ドイツで観る家のスタイルに近い。そして集落の雰囲気も。

というように変化します。
たった3時間ちょっとなのに、車窓に繰り広げられる家の変化。
見てて飽きないんです。

日本だって、新幹線で3時間も移動すれば街並みの雰囲気は変わる。
それはわかっていて、いつでも見れると思うせいか漫然と眺めてましたね。

日本を、もう少し真剣に観てみようと思います。
そしたら山陽新幹線の車窓からの眺めも、
隣国スタイルに近い感じに見えたりするかもしれませんから(笑

そんなことはあるはずありませんけど^^;
  
Posted by daikyohome129 at 21:23Comments(0)

2010年07月15日

南欧の民家


南欧の麦畑

















工業団地を抜けて視界に広がった麦畑につられ、
舗装のない脇道に入る。


南欧の野花?南欧の野の花?








道端に咲くこの花たちの名も知らないけれど、
視界に入ったものを拾いながらぶらぶら。
変なおっさんが来たぞ、と見られていたような気もしますが・・

そんなことは置いといて、さっそく発見したお家の話に移りましょう。

まず最初に、およよ!と発見したつもりで目に入ったのがこの門構え。

南欧の廃屋

















あれ?なに、、この雑草・・

もしかして・・・

南欧の廃屋

















そう、人の住んでない廃屋でした。

もう少し先へ歩くと、林の中にまた家が。
林に囲まれてて遠くからは家の所在ってわかりにくいんですよね。

だから、歩かないとわからない。
家の前まで行って、初めて家があるのがわかる、てな感じなんです。

南欧の民家南欧の民家








南欧の民家南欧の民家








私は右下写真の小窓の雰囲気なんか好きですね。

これらの家を見て気が付いたことが一つ。

瓦破風?

















軒先の瓦使いに。
瓦波風とでも言えばいいのか・・・

機能的な意味があるのかないのか、
単なるデザイン?このエリアの特徴?なのかはわかりません。
けど、こんな納め方があるんですね。

そして、

南欧の民家

















これが今日のお気に入りの一枚。

石積み部分はどんな部屋に使われているんでしょう?

皆さんならどういう風に使いたいですか?

もしわたしなら・・・

やっぱ自分の部屋でしょ(笑)
家で仕事はしないけど・・・ でも、やはり書斎かな^^;



最後に、散歩での発見を一つ。

南欧の砂利?

















工業団地内の植え込み部分です。

シアトルなんかだと杉皮のチップなんだけど・・・

ここで使われている素材って何だと思いますか?

・・・・

これは皆さんへのクイズにしときます。
こんなことで疲れても困りますから、
気になる方だけ想像してみてくださいね^^

  
Posted by daikyohome129 at 19:02Comments(0)

2010年07月14日

南欧の窓デザイン<オフィス編>

今日は昨日の続きで、
工業団地で撮ったいくつかを紹介。
私的には、「いいぞ、いいぞお!」って、
けっこう感動しながら眺めた窓たちです。

窓の色や組み合わせ、そして外壁色とのとり合せに参考に。
ピンボケもお許しいただき感じてもらえたらうれしいです^^;

南欧のオフィスデザイン

















これは私お気に入りの一枚v

南欧のオフィスデザイン南欧のオフィスデザイン








南欧のオフィスデザイン南欧のオフィスデザイン








南欧のオフィスデザイン南欧のオフィスデザイン








南欧のオフィスデザイン

















けっこうなバリエーションでしょ。
最後のなんか、ちょっと北欧っぽいかもね。

そう言えば・・・

散策している時は気が付かなかったけど、
この団地では、日本で見がちなアルミ色は見かけなかったような・・・
記憶はあいまいですが、撮った写真にはありませんでした。
(惹かれるものがなかったから撮らなかっただけ?かも。)

道路・・?

















そして、団地の中の道路。

2車線の道路?と一瞬錯覚に陥ります。
左側が歩道、右は片側車線。
右側の緑地帯が対向車線との分離帯なんです。
この贅沢な歩道。
自転車通勤多そうですから、きっとそのためなんでしょうね。

こんな団地を抜けると、広い麦畑が。
そしてあきらめてた民家発見!!

ということで、今日はここまで^^;

  
Posted by daikyohome129 at 20:48Comments(0)

2010年07月13日

南欧の朝

到着日、ホテルのレストランが終了とのことで晩飯抜き。
近くにマックはあるよって言う。
ほんじゃあ、晩飯買いに行ぐべ!と思い、そこまでどのくらいかと聞けば、
歩いて1時間!!?だとか・・;
おい、おいぜんぜん近くないだろ。。

しょうがいないので我慢。
ホテルバーのテラスでビールとワインで眠気を誘い、
持ち込んだチェコで発見した安眠枕木でグッスリZZZ。

翌朝の目覚めは・・・ 5時半。

南欧の朝












この時の部屋からの眺めはこんな感じ。
周辺には何もない田舎?
手前に見えるのはゴルフ場。

この明るさくらいなら丁度いいか、ってことで、朝の探索に出立。

南欧の朝

















ゴルフ場には朝霧が漂っておりました。

南欧の夜明け

















散歩目的は夜明けを味わうためじゃなかったけど・・・
こんな日の出に出会えたら、ちょっと得した気分でしょ♪

周辺に住宅地はなく、あるのは工業団地のみ。
ホテル近くの小さな工業団地とその奥にはデカイのが。
そんなところでも何か発見くらいはあるべ、ってこと。
朝の発見て、経験的にかなりの収穫があるケースがありますから^^;

南欧探索南欧探索








この団地、けっこうサッシの形状&カラーなんか、
私のツボにハマりましたよv^^
  
Posted by daikyohome129 at 22:19Comments(0)

2010年07月12日

機窓から

成田機内での説明では現地到着まで11時間40分とか。
離陸後、機内でまずは映画を見て時間をつぶし、
ドリンクはビール、ビール、ビール、そしてワイン、ワイン・・
そして一寝。

何度か目を覚まし、その都度機外の景色を眺めるも雲ばかり。
なのでまた寝るしかない。

窓から窓から








そんなことを繰り返していると、やっと地球のボディーが。
私はこの眺めが好きなんです。
テントしょって釣り竿を担いで、いつか降りてみたいこの眺め。

で、今どこらへんなんだべ?
モニターをチェックすると、

モニターモニター画面








いい感じだ。

でも到着まで、まだ6時間もあるべ・・

とまた一寝。

やがて、こんな景色に^^

南欧南欧海上風力発電









見えにくいですが、右写真左側点々々は海上風力発電。
最初、なんだろう?って思ったんだけどね、
上空からはこんな感じに見えるんですね。

あ、ちなみに私の機内での席、なぜか窓側3人席。
しかもそこに私ひとり。
食事はエコノミー、でも気分だけはファーストだったかな^^

そしていよいよ・・

南欧南欧









南欧南欧









街並みチェックしながら着陸へ。

さてと、やっと着いたべえ!

と喜んだのもつかの間。

予定を全然チェックしていなかった私。

空港空港









この空港で乗換だなんて、ここまで来て初めて知ったんです;;

乗換えの待ち時間1時間半。
そしてほんとの目的地まではここから1時間ちょっと。

もうここからは写真撮る気分も失せました(笑

以上、

今日は、到着までのどうでもいい!私の視界報告でした^^;

  
Posted by daikyohome129 at 22:07Comments(0)

2010年07月10日

プロヴァンスな子どもたち

お気に入りの一枚を。

家と子どもたち
















写真を撮っていたら偶然、
子どもたちが玄関から走り出して来てくれました。

 この子たちのために、どんな家にしようか ・ ・ ・

見学会でも、つい来場者の子どもたちを見ながら、
そんなことを考えてしまいます。

子どもたちのために、家ができること。
私たちができること。

私たちの責任って想像以上に重いのかもしれません。
たまにはおとな目線や常識捨てて、
子どもたちが触れるもの、見えるもの、聴こえるものを
感じてみないとなあって、改めて気付かされたかな。

すると、これまでは家の当たり前だけど、
どうも子どもにはやさしくないかも?ってことがぽつらぽつらと。

子どもに学ぶ家づくり。
そういう時間をとってみるのもいいものかもね^^

  
Posted by daikyohome129 at 22:06Comments(0)

2010年07月04日

マルセイユな夜

55621724.jpg現在、300?キロ以上のスピードで移動中!

写真は昨夜の視界。
  
Posted by daikyohome129 at 17:02Comments(2)

2010年07月03日

プロヴァンス

06eb8db7.jpg陽射しも強いし、暑さもかなり。。
初日でかなりの体力を消耗。

でも、湿気がないのが救いかな^^;
  
Posted by daikyohome129 at 13:57Comments(2)

2010年06月13日

丘の上の南欧住宅

今日は写真一枚のみ。。。

丘の上の南欧住宅

















  
Posted by daikyohome129 at 20:13Comments(0)

2010年06月10日

南欧の田舎の路地裏

海外に行った時、せっかくだからと名所的な建築も見たりはするんだけど、
やはり個人的には、田舎だったり、街なら路地裏なんかの方が好きですね。
何か予測もしない発見があるんじゃないかって、ドキドキするんですよ。

今日はそんな田舎町の路地裏の風景を。

田舎町

















メイン通りは小奇麗なんですけどね。
ぺっこ裏に入ればこんな感じ。

路地裏への門?

















この写真なら、右上の突起物。

  あれはなんなんだ!?

   何のためなんだ?

  洗濯干し竿受けか?

  それとも・・ ・・

と私の妄想は果てしなく膨らんでしまいます(笑)

路地裏路地裏















こんな眺めにだってそれぞれにヒントはありますからね。

以上、こんなブログですが、
これからの暮らしづくりの参考にしていただければ幸いです。
参考にならなかったらごめんなさい!ですけど^^;

 

  
Posted by daikyohome129 at 21:38Comments(2)

2010年06月04日

北欧住宅の妻壁デザイン

夏らしくなってきたところにちょっと時期外れかもしれませんが、
今日は涼しげな北欧住宅の妻壁のカタチをいくつか。
(一部過去重複かも・・)

北欧住宅の妻壁デザイン

















古めの田舎街でよくみるオーソドックスなスタイル。

北欧住宅の妻壁デザイン

















これは最近のスタンダードに近いスタイル。

北欧住宅の妻壁デザイン

















窓のデザインで個性を出しているスタイルに・・・

これらどれも参考になるんだけど、

北欧住宅の妻壁デザイン


















私が気になるのは、やはりこれかな。

妻壁形状に合わせて窓が組み込まれたデザイン。
北欧のこういうとこが小粋ところですね。
これを断熱サッシでやれるからすごい。

ほんの小さな部分だけれど、
そんなところを何気にサクッとやれる。

そんな術を私たちももっと身につけたいものです。

  
Posted by daikyohome129 at 21:23Comments(0)

2010年05月20日

シアトルなハンギング

先日のハンギングづくりで「シアトルみた〜い♪」というスタッフがいたので、
過去倉庫からいくつかを拾い上げてみました。
既出もあるかと思いますが・・・そこはお許しを^^;

シアトル

















一番雰囲気を感じさせてくれるのが、この写真かな。
思い思いにくつろぐ人たちと併せ絵になります。

変わりダネでは・・・

花盛り?花だんご・・
















巨大な花だるまに花だんご?
左写真の花の中から、メイクした人の顔でも出てくるんじゃないかな?って、
じっと眺めた記憶があります。
いつかはこんなの狙ってみようかな♪

でも・・・こんなの会社の入口にあったら引くのかな?

そして、
家ならバンクーバーで見たこの玄関。

玄関アレンジ


















こうして改めて観ると、
花があるって、やはりいいものです^^

ところで、
先日つくったハンギングのいくつかを、
今週末の見学会に飾ってみようかと思っているんだけど、
誰の作を飾りましょうか^^


     完成住宅見学会の案内はこちらを^^

  
Posted by daikyohome129 at 20:58Comments(0)

2010年04月27日

南欧の気になる煙突

煙突


















写真フォルダを眺めて、
これなんだっけ?って大きく開いてみる。

・・・

あ、そうだった!
と、気付ける上の写真のようなものはいい。
けど、すぐに思い出せないものも結構ある。
それらをいつ削除するかはなかなか決断できませんね。
いつヒントになるかわかりませんから。

でも・・・でもです。
サーバーの負荷を考えたら、
古いものから順番に削除するなりデータ移すなり、
なんかしなければなさそう。。

ちなみに今日の写真は、
煙突の向きが気になり撮ったものです。

この煙突の向きに何か意味はあるのだろうか・・

てな具合いに^^

  
Posted by daikyohome129 at 21:52Comments(0)

2010年04月19日

南欧の城跡・・

昼飯を食べに立ち寄った町。
その後方には廃墟となった城跡。
とうぜん、見れるものなら見たいと思うでしょ。
そしたらね、予定外でしたが私の願いが叶えられたんですv
30分程でしたけど^^;

城跡

















城跡

















かなりの広さ。
さすがに向こうの砦までは行きませんよ。

城跡城跡








城跡








城跡

















朽ち落ちた扉にも、歴史が刻まれていて、
勝手にいろんなシーンを想像してしまいます。
ここで参考になるのは、アールの門型の板石かな。

城跡城跡








左の窓らしき開口部の上部はツーバイフォーと同じように、
木のまぐさで支えられていて、ちょっと嬉しくなりましたね。
右写真は開口部からの眺め。
この眺めを見て、手前の雑草が・・??

サボテン?

















わかりますか?
サボテンです。
ここでは単なる雑草?
さすがに、こちらでは鉢植えになんてしないでしょ(笑)

こんなサボテンを見た後に、迎えてくれたのがかわいいリス。

城跡のリスお城のリス








驚かしちゃ悪いと、遠くから一枚。
1メートル程までそっと近づいてみる。
それでも微動だにしない。

お昼寝中なのか瞑想中なのか。
でも、右写真の目線の先を観ると、
野草の花か蕾と交信しているようにも見える。

もしそうだとしたら・・・ 
どんな会話がなされてたんでしょうね^^

さ、明日も出張だべ。
朝早いから今夜は12時前にはzzzしたいと思います。
それでは、おやすみなさい- -

  
Posted by daikyohome129 at 22:12Comments(0)

2010年04月13日

街の風景

散歩































散歩 































出張日程を決められない。。  
Posted by daikyohome129 at 21:45Comments(0)

2010年04月10日

北欧のインテリア:屋根裏部屋

今日は先日見た北欧のモデルハウスの一つ。
屋根裏部屋のインテリアを2点のみ紹介。

北欧住宅の屋根裏部屋

















北欧住宅の屋根裏部屋


















今日の私は、腹痛で仕事をちょいおさぼりしたためか、
明日の家づくり教室のプレゼンやらでぺっこパニック。
でも何とか・・?というところまでたどり着いたような(笑)

明日のために今夜はたっぷり眠ります^^

  
Posted by daikyohome129 at 21:31Comments(0)

2010年04月06日

ガレージ付大屋根の家

北欧の家

















ガレージに大屋根を一体でかけた北欧の家。
半分家が雪に埋まっているようにも見えますが、、、
北欧ではよくみかけるスタイル。
でも私がガレージよりも気になったのはポーチと窓かな。

以上、簡単ですが北欧の紹介は終わり><

ところで、

最近このブログのアクセスがなんか徐々に増えているような・・
なんでだべ?理由はわかりません。
嬉しいような、、それでいてちょっとプレッシャーも感じたり。
自分のことながら、人間て不思議なものです。

ときどき、手抜きもします。サボりもします。
でも、たまにはちょっとだけ参考になることもあるかも?(笑
くらいの軽い気持ちで、これからもあまり期待せず、
お立ち寄りいただけるとうれしいです^^;

  
Posted by daikyohome129 at 21:44Comments(0)

2010年04月05日

夕暮れの眺望

住宅とは関係ないんだけど、ちょいキレイだった眺めを紹介。

親方の視界

















この素敵な眺めは眺めとして、
この視界の中で私が気になってしまったのが写真右側の屋根。

んん? 屋根に穴が開いてる?・・

んんん・・

それでもって・・・奥のビルもちょっとおもしろいべ。

視界ズーム















こういうのって、下から見上げてもわかるもんじゃないですからね。

眺めも良かったけど、こっち発見の方が嬉しかったかも^^

  
Posted by daikyohome129 at 21:59Comments(0)

2010年04月03日

北欧の・・?

本日、北欧の古い街並みを散歩しながら撮った写真2枚。
なぜこの写真を撮ったか、、、は、
皆さんの目で観じてみてください^^;

北欧の家















北欧の家2




























  
Posted by daikyohome129 at 21:25Comments(0)

2010年03月31日

気になる北欧の家

今日もちょっと気になった北欧の家の外観を一枚のみ。

北欧の家




























今日、友人が転勤の挨拶に来ました。
もうそういう時期なんですよね。
そんな3月も今日で終わり。
もう一年の1/4過ぎたんだなあって考えるか、
もうすぐ春が来るべ♪と考えるか、
みなさんどちらなんでしょうね。

今日の私の気分は・・・前者かな。
だって今、時間に追われてるもので、、、
釣りっこももう少しお預けになりそうです^^;

  
Posted by daikyohome129 at 20:30Comments(0)

2010年03月22日

木づくりの外構素材に

今日はホームセンター見たものを^^木フェンス
















木づくりのフェンスは展示してあっても、アルミのフェンスは展示していない。

木門扉

















木づくりの門扉は展示していても、アルミのものは見当たらない。

木づくり物置

















木づくりの物置き小屋はあっても、〇ド物置風のブリキものは売ってない・・

デザインの参考にと、いくつも撮り置きしてみたけれど、
こうして改めて観ると、
北欧の人たちはほんとうに木づくりが好きなんだなあ、
って思いますね。

フェンスや扉も、一度輸入してみるのもいいかもしれませんね^^

  
Posted by daikyohome129 at 22:39Comments(2)

2010年03月18日

南欧スタイル

本日の私は昨夜の寝不足と、
墓参りに行った秋田の積雪1メートルを1時間半も雪かきしたためか・・
へばっております。。

そんなわけで、南欧スタイルの家を一枚だけ^^;;

南欧スタイル


















  
Posted by daikyohome129 at 22:04Comments(0)

2010年03月16日

北欧の木製カーポート

先日、国土交通省「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」
今年度提案募集開始のニュースが・・
これまで何人かの方に、「次年度でも大丈夫ですよね?」と聞かれたものの、

 どうでしょうかぁ。
 次回は採択されるかどうかも分かりませんし、
 それに・・・手続きのことを考えると社内的にはすごい負担もあり、
 次回のことはその時にならないとわかりません・・・

と、そんな煮え切らない返事をしていた。
でも、「次回の募集が開始されたらどうすべ?」と、
ずっと悩んでいたというのが正直なところ。

メールでそのニュースを見た時は、「来ちまったかぁ、、」と思いながらも、
募集要項のサイトを恐る恐る覗いてみた。
そしたらなんと、工務店部門は今回は休止とあり、
なぜかほっとしてしまった自分。。

こんなことではいけない、そう思わなければならないのだろうけど、
業務に影響を与えるほどの煩雑さは当初の予想をはるかに超えていた。
結果、迷いようもなくなったことで気が楽になったわけ。
きっと担当スタッフたちが一番ほっとしているんだけどね^^;

そのようなわけで、今年は省CO2モデルはありません。
期待していた方には申し訳ないのですが、
それ以上に、家づくりに直接エネルギーを注げるんだということで、
お許しいただけたらうれしいです。

以上、今年度の省CO2モデルの件についてのご報告でした。

さて、内輪の話はこの位にして、
今日はよもさんからご要望のあった北欧のカーポートを紹介しますね。

  • 北欧のカーポート

    北欧のカーポート















    北欧のカーポート北欧のカーポート







    北欧のカーポート北欧のカーポート







    私がこれらカーポートから参考になったのは、
    大きさによっても異なりますが、
    屋根素材によって木組みを工夫しているところです。
    コスト面等、なるほど・・という点がたくさんありますね。

    また、私たち業界人ならずっと持っていたし、
    受け継いできた常識も覆されてしまうことも・・

    日欧の住まいに対する考え方の違いでもあるかもね^^
  
Posted by daikyohome129 at 21:37Comments(2)

2010年03月10日

北欧のビルトインガレージ

今日は、出張(明日明後日)前の手配やら打合せやらと、
今週締めの段取りにてあっという間に一日終了。
そして、
それにしても、その道のプロってすごいもんだなぁ・・
と感心させられた一日。
やはり、他の人が及ばない特化した能力を持った人は強い!
当社もそうあらねば、と改めて感じました。
ガンバろっと。

さて、今日は何を紹介すべえ・・
と悩んだ末に、「これにすべ!」と選んだのがこれ。

ー北欧のビルトインガレージー

住宅地を歩くと、雪深い地域がらかビルトインガレージが多かったんです。

北欧のビルトインガレージ

















重厚なガレージ扉に・・・ 上部にはオーニングが装備されています。
夏場にガレージスペースを利用し、
ガーデンパーティーでもするのでしょうか^^

北欧のビルトインガレージ北欧のビルトインガレージ








北欧のビルトインガレージ北欧のビルトインガレージ








こうして観ると、アメリカなどとは違い、一台分のガレージが多い。
そして、積雪地だからか、屋根庇を延ばしている家が多いのも特徴かも。
確かに冬場は便利かもしれません。

その他、ビルトイン以外に、カーポートも多かった。
戸建住宅の場合、青空駐車って・・・ほとんどなかったですね。
カーポートもまた折をみて紹介したいと思います。
そう言えばカーポートって日本のようなアルミのカーポートって、
全く見なかたですねえ。

売ってないのか・・・
それとも、売ってたとしても売れないのか・・・
それはわかりませんけど、見たほとんどが木づくりでした^^

  
Posted by daikyohome129 at 19:33Comments(4)

2010年03月05日

いい感じ♪


石・・

















アイアン・・

















今度使ってみたいと思えた二つ。
写真のピンボケはお許しいを^^
  
Posted by daikyohome129 at 20:37Comments(0)

2010年03月02日

北欧のキッチン

街中を散策してみると、けっこう住宅関連のショールームがある。
ところが、散策する時間が夜や土日だったりするもんだから、
どこも開いてない。。
日本人的感覚からすると、土日開いてない?ってよくわからん。

それでも参考に写真撮ろうと、ウィンドウにへばりつく。
自分の背景が写真に写らないよう、角度を変えて見たり、
手やジャケットで覆ってみたりするんだけど、
なかなか上手くいかない。
キッチンにはとても不似合いな自分の顔が写ったのは最悪だし・・

いくつもチャレンジした中で、一番まともだったのがこの一枚。。

北欧のキッチン

















キッチンの面材は、ウォールナット。

でも、ホテルの内装や雑誌などを見るtと、
今のブームはゼブラウッドのようです。

ゼブラウッドの写真も撮ったんですけどね、、
ぜんぜんきれいに写ってなかった。。
  
Posted by daikyohome129 at 20:38Comments(0)

2010年03月01日

北欧住宅の見所:集合住宅編

比較的新しい住宅地にあった集合住宅。

北欧の住宅:集合

















道路面の外壁仕上げは砂岩系。

そして、建物の上に注目。
何気に見ると、裏側の立木?と思ってしまいそうですが、これは屋上。
屋上緑化でしょうか。

北欧住宅北欧住宅








この集合住宅の眺望はバツグン!
右の写真を観てください。

麓の方から眺めてみた時、

 もしかしたら、屋上の植栽って、
 山の稜線を守るためだったのでは・・

そんな気がした。

その他はこんな感じ。

北欧住宅北欧住宅








北欧住宅北欧住宅








こうして観ると、窓ってやはり住宅の見え方には大切な要素ですよね。

住宅全体の素材やデザイン、
それはそれとして参考になるんだけど、
私はおもしろいものを見つけるほうが好かな。

例えば、

北欧住宅

















ゴミ集積場所。
チャリンコ置き場にどうだろ?とか。

それに、こんなもの見てしまうと、

北欧住宅

















北欧住宅

















いつかやってみたい、とか思ってしまいますね。

さて、今日から3月。
昨日の津波警報には、ちょっと心配させられたけど、
人的被害がなかったのは何より。

地震で言えば・・
ぺっこ??に感じたのは、気象庁が予測過大だったとかで謝罪?のニュース。
危険の予測が過大で何が悪いの?なんで謝罪なの?
予測過小よりずっといいべな!って。

もし、過小評価だったら・・・ そっちの方がずっと重大だべよ。

  
Posted by daikyohome129 at 22:25Comments(0)

2010年02月27日

北欧のビルトインガレージ

今日は一枚の写真のみ。。

北欧住宅のビルトインガレージ

















ビルトインの前に、大きく延ばした屋根。
車のちょい置きならこれで十分。
このタイプはちょっと新しいスタイルかもね。

  
Posted by daikyohome129 at 21:03Comments(0)

2010年02月26日

北欧住宅の断熱


今日は北欧の工事現場を。

北欧住宅の外断熱

















この現場は先日紹介した工事現場と同じく外張り断熱。
しかし、断熱材はこちらではEPS断熱材を外張りに採用している。

そして、メッシュを抑え込みながらの下地モルタル。

北欧住宅の構造

















外張り断熱の厚さは、15センチほどか。
屋根断熱は・・・

それより屋根トラスの設置方法。
当社でトラスを扱うことがあるかはわからない。
けど、参考になる。
そして屋根のエッジも・・

今、参考になること。
もしかしたら、将来のヒントになるかもしれないことなど、
!?なことや、なるほどって、いつかのための財産。
最後には持ち腐れに・・・てこともある?かも。
でもいい。
私の仕事なんて、そんなとこで支えられてそうだから。

でも不思議だ。
北欧の住宅の断熱工事を観ていると、それほど期待を裏切られることがない。
岩手に比べて最低ラインのレベルが守られているような。
北欧だって、岩手程の面積の中で気温差の大きいところはたくさんある。

「寒さの厳しい岩手」と言っても、沿岸南部のようなも温暖?な地域があれば、
藪川のように、日本の最低気温を争うようなところもある。
かと言って、同地域で建てるから同じ断熱レベルかというとそうでもない。
施工会社の考え方一つでピンからキリまである。
その差は、地域間に存在する気温差よりはるかに大きい。

  
Posted by daikyohome129 at 21:25Comments(0)

2010年02月23日

古さのある白い家

住宅地で家の写真を撮るのって気を使います。
その家の人にしたら、
私が家に興味があって写真を撮っているかどうかなんてわかりませんからね。
只の怪しいおっさん、不審者でしかありませんし、
嫌な思いをさせたくもありません。

だから、できるだけ離れた場所から撮るようにしています。

でも、、この家は違った。

北欧の家

















図々しいこの至近距離。
というか、私が立っているところが道路。
建物の際は道路の側溝で、軒の高さは私の目線くらい。

人が住んでなさそうなんだけど・・・
私のようにのぞき込まれるような位置に窓があるから、
カーテンを閉め切ってるだけなのか・・・は、わかりません。

けど、人の気配を感じないことをいいことに、
軒裏まで塗り上げてたので、その納め方の参考にと、
中腰で撮ったものです。


もう一軒、同じように古さのある白い家を。

北欧の家
















この家も最初、人住んでんのかな?と思いましたが、
すぐ住んでるってことがわかりましたね。
屋根から煙が出てたお陰で^^

人の暮らしている気配って、防犯上でも必要なことですよね。

先日、お隣りのばあちゃんとのことでもそうでしたから・・

 ※ここからはお聞き苦しい点が多々ありますので、
  標準語しか解らない方はお控えいただいた方が、、、

  続きを読む
Posted by daikyohome129 at 22:15Comments(0)

2010年02月18日

北欧な住宅

昨日今日と東京出張で、今日の私はぺっこお疲れ気味。
ホテルで窓のカーテン開けた時の今朝の雪にはびっくりしましたね。
雪自体は見なれているはずなのに・・・
雪の降るビル群を見降ろすことがなかったからでしょうか。
そんな景色が妙に新鮮な朝でした^^

雪流れで、今日は北欧の家の写真を2点のみ。

北欧の家並み

















ここは家の天窓が印象的でしたね。

北欧住宅

















この家は、緩やかな屋根の曲線が気になったかな。

  
Posted by daikyohome129 at 20:36Comments(0)