2018年04月05日

なごり雪な住宅フレーミング

今朝工場に向かう途中での風景。

岩手山

牧草地にはうっすらの雪が!?


そう言えば昨日、雪が降ったとは聞いてたけど・・・ 
やはりここは盛岡市であっても盛岡ではない?んだよね。
同じ盛岡市内でありながら、気候、気温格差を改めて認識させられたのでした^^;

雪だけでなく、

凍る4月の岩手

すがっこまで、張ってるし・・;

ですが、現場で行われていた住宅のフレーミング工事は、

岩手県のフレーミング住宅1

日中は穏やかなお天気に恵まれスタッフもほっとしている様子。

最近年度末ということもあり、なかなか動きもとれず現場に行けていなかったので、
今日は何とか昼休みにのみでしたが顔を出すことができた。

折角なので、その他私は見れていなかった最近のフレーミング工事を終えたばかりの住宅も紹介。

岩手のフレーミング住宅2

岩手のフレーミング住宅3

盛岡市内と県南での建設です。

大切な家を雨に晒さないで済むように。
と始まった自社工場でのパネル化と一日フレーミング作業。
スタートしてから25年前にもなるのに未だに試行錯誤は続いていて、
私たちが目指す北欧スタイルのゴールにはまだまだほど遠い。

特殊部隊ともいえる屈強なフレーミングメンバーたちは、寒さ、暑さには打ち勝ちやり遂げる。
であっても・・・ 勝てないものがある。

 それが、雨に、強風。。 そして時々暦(笑

大切な家を雨から避け、晴れた日に一日で建てたくて始まった一日フレーミング。
お天気と相談しながらフレーミング日を選ぶのだけど、天気予報はあくまで予報。
予報外のこともしばしば。
それでも、多くの施主さん家族に見守られてきたことが励みとなり、今がある。

これからも、私たちにできることは、

情熱に、想いと汗をかけ合わせ、家族を支え続ける家にする、ことしかない。

Posted by daikyohome129 at 19:32│Comments(0)