2017年07月22日

紀州の風

以前、聴く機会を得た三人の講師よる講演。
そのうちの一人、40分程の講演だったが話が始まって数分で魅せられた。
どんどん引き込まれその余韻は夜になっても収まらなかった。

先日出張した金沢で偶然に再会。
このご縁を逃してはなんねえべと思い、

 一度岩手に来ていただけませんか。
 私が感じたものをぜひスタッフにも体験させたいんです!

そうお願いすると、即快諾してくれその時の出張の何よりの成果となった。

熱い人


講演時間は、なんと4時間。
実際に話を聴くまでは、スタッフの多くが4時間もなんて、、、と思っていたはず。
人の話をじっとして聴くのが苦手な人間もいる。
なのに、全員が引き込まれ触発されたようだった。

4時間も話すエネルギーは並大抵のことではないし、
聴く者を引き込み続けるパワーというか情熱、
私は過去にこのような講師に出会ったことがない。

だから、ぜひスタッフたちに生で触れてほしかったというシンプルな動機。

講演後のスタッフたちとの会食時間もパワー全開は止まらない。
このエネルギーって、どこから生まれるのだろうか。
私よりずっと若いのに。
私なんぞは未だおこちゃまだ。

ありがとうございました!
またぜひお会いしたいです^^


Posted by daikyohome129 at 20:46│Comments(0)