2016年10月14日

次代に繫ぐ技術

昨日は内定式。
その後夜は最近チーム入りしたと新入社員の歓迎会も兼ねた懇親会へ。

次代の住宅へ (1)


もちろんドイツのエンジニアM氏も同席。
さすが夜は陽気なドイツ人でありました^^


次代の住宅へ (2)

いつもお世話になっていていつも忙しいTさんというエンジニアの方がいます。
Tさんの技術は日本でも指折りとのこと。
今回M氏がいるうちにと、お願いした数種の金型を製作してくれたのですが、
M氏はそれらの金型を見て大絶賛。

要望以上のアイデアが織り込まれていたのです。
パーフェクト!200%だ。
TさんのアイデアはM氏もドイツ本国へのお土産になった様子。

世界トップレベルの日本とドイツのテクノロジー&クオリティの融合だなんて、
なんかわくわくしてきます。
今回のプロジェクトは未来を変えられそうな予感がしますね。


私たちは今、種を蒔き植樹するように希望に満ちた彼らに技術を移植する。

時代の住宅へ (3)

それを二十歳の彼らが知恵と工夫を重ね、育てながらまた次の種を蒔く。


30年後の彼らの手の中にある技術って、どんなカタチになってるかなぁ♪


なんて、そんなことを想像しながらにやけてる私は・・・

傍から見たら・・・ ただの変なオッサンだよね(笑


Posted by daikyohome129 at 19:23│Comments(0)