2016年07月06日

ドレーキップ窓用カーテンブラインド1号

今日は見学会場でお客様と待合せ。
約束の時刻まではぺっこ時間があったので、
実際に初めて実装されたドレーキップ用のスクリーンをチェック。

ドレーキップ窓用カーテンブラインド(1)

先日は実サンプルを紹介しましたが、実はこれが当社の第一号。
と言っても、この窓一つだけ(笑

この窓は戸だなの引き出しが干渉するため、
壁付けとなる既成のカーテンブラインドではどうしても対応できずにいた窓なんです。
そこに内々に進めていたプロジェクトから実サンプルを急ぎ作って確認、
その上でこの窓に第一号が納ったというわけ。

すっきりしてよかったです。

今日は雨でしたから、
そんな時でも冒頭の写真のようにスクリーンのかかったまま内倒し開きに。

ドレーキップ窓用カーテンブラインド(2)

視界・最高・通気の高い自由度は魅力ですね。


ドレーキップ窓用カーテンブラインド(3)

実装された窓を眺めていてふと思いました。

雪見障子みたいだべって。

ならば・・・
高窓だけにと考えていたこのスクリーンだけど、
意外とテラス戸なんかにも使えるかもしれません^^

一度チャレンジしてみようと思います。

Posted by daikyohome129 at 17:45│Comments(0)