2016年02月24日

22円 v.s166円/日のジレンマ

先ずは今日のフレーミング住宅を^^

フレーミング住宅

大屋根スタイルの家。

今日は定休日ですが皆頑張ってくれました。
無事終了の報告があるとほっとします。
お疲れさまでした!

私の今日は宿題の日。
PX-兇里修慮紊離如璽燭里まとめ作業をせこせこと。
出張もあったせいでデータが溜まったままでしたからね、
今日をその日にと思ったのですが・・・ それほど進まなかった。。

ここ半月ほどは前期結果の再現と、それを踏まえての仮説の検証。
仮説はドンピシャだったのでぺっこいい気分(笑
以前、22円/日の暖房費について報告しましたが、
今回は21℃にコントロール仕切るカタチでの検証をしてみた。

なぜ21℃かというと、
家族間でも違うように人によって体感温度はかなり違う。
PX-兇両豺隋一般の住宅と比べても体感温度2〜4℃高いはずなので、
室温21℃なら、一般住宅なら室温23℃〜25℃くらいに相当するべってな想定。

それでその結果の暖房費は、166円〜410円/日となった。
あとで全体像をまとめないと何とも言えないけど・・・
ハイブリッドな暖房方法、方式?を考えるのもありかもしれない。
その方が室温と燃費をコントロールしやすそうだし。
纏めるにはやはり来月いっぱいはかかりそうです^^;

それと、今日ふと頭に浮かんだこと。

ヨーロッパのマンションを思い出しながら・・・

窓に付加するなら、

防風層と断熱層、どちらが効果的なんだべ?・・

来年の検証におもしろいかもね^^

Posted by daikyohome129 at 21:29│Comments(0)