2015年12月12日

”無暖房の家”シリーズ

今日は完成した”無暖房の家”シリーズの家を紹介。

無暖房の家(1)

外壁の厚さ32僉■桓鑪爐涼杷材で4層の断熱を持つ。
この家で採用している木製サッシのU値=0.67の最高レベル。

そして、こちらの家でも採用しているのが、私の大好きな窓スタイル♪
フォールディングドアです。

フォールディングドアの家(1)

こちらはスタンダードな4連タイプ。
これまで採用した中では6連タイプが一番大きかったかな。
こうなると、窓というよりガラスの壁、間仕切り窓と言えるかもしれません。

フォールディングドアの家(2)

出入りのためのテラスドア。

フォールディングドアの家(3)

そして視界が広がる全開放スタイル。

この開閉スタイルに出会ったのはアメリカの住宅展示場でした。
あの時の感動は今でも忘れません。
この窓なら暮らし方を変えられる、そう思いました。

その後何年か経ち、ヨーロッパから輸入をスタートした時、
このフォールディングドアができるとわかった時の嬉しさったらなかったですね。
これほどの断熱窓でできるってのが何よりうれしかった。

冬でもお天気の良い日なら、窓を開けたい衝動に駆られる感じです。

そして最後に紹介したいのが、

無暖房の家(2)

漆喰でつくるブリックデコ。

この仕上げ、なんと施主さんの手仕事なんです!

このチャレンジはきっとご家族の思い出になります。
このガス暖炉の炎を囲みながら、きっと会話も弾むはず。

これまでとは違う、冬の新しい楽しみかたを発見してほしいですね^^

Posted by daikyohome129 at 21:15│Comments(2)
この記事へのコメント
大共ホームさんのお家は実際にはまだ一度も拝見したことがないのですがブログはチェックしてます!
親方さんのような方にお家を作ってもらえたら。。。本当あこがれです!
外壁の白い塗り壁ってとても素敵ですが、窓からの雨垂れの跡などはつきませんか?
親方さんのお家は窓が引っ込んだ形になっている事が多く感じますがそれと汚れの付きにくさは関係ありますか?
Posted by まあこ at 2015年12月16日 23:18
まあこさん、かなり恐縮してしまいますが、、、
でもうれしいです^^
コメントありがとうございます!

ご質問について、
ちょっとマニアックな話になりましたが、
今日の投稿の後半で説明させて頂きましたので、
チェックしてみてください。
Posted by 親方 at 2015年12月17日 19:14