2014年12月10日

ガス暖炉のゆらぎ

先週末から事務所の暖炉に火を入れ始めました。
薪も工場の端材なので、ぺっこ火持ちが悪いので端材をくべるのに忙しいんです。
なので火力のコントロールは難しい。

暖炉の魅力は、暖を採るというよりは炎を楽しむ方が主。
その点が薪ストーブよりスグレているところかもしれません。
単純に、シンプルに炎だけを楽しむなら、「ガス暖炉がいい」。

冬の海外出張時、
ホテルロビーやラウンジにあるガス暖炉の炎につい酔いしれながら、

炎のゆらぎ














そのとき思いましたね。

ガス暖炉の魅力は手間がかからず、炎を楽しめるってこと。
そしてもう一つの魅力が、炎を広げたり写真のように並べたりできることでしょうか。

私もブリキの薪ストーブで育った世代です。
スイッチポンの良さも、炎の魅力も知っています。
両方のいいところがガス暖炉にはあるのかなと。

もう少しで、皆さんにお見せできると思いますので、
興味のある方は楽しみにしていてください^^


それから、今日は住宅のフレーミングの日。

フレーミングの家 (1)
















フレーミングの家 (2)
















最近、何やら所用でフレーミングに行けてなかったんだけど、
今日は現場が近かったので見ることができましたv

あと年内に2棟のお家を建てさせていただき、2014年を締めくくる予定です。

これからのお天気が、どうか荒れませんように。


Posted by daikyohome129 at 17:01│Comments(0)