2014年03月11日

与えられた大切な時間

今日、市役所のアナウンスに合わせ午後2時46分、事務所にて黙祷。
その後、事務所より5分程の一日フレーミング住宅の現場へ。

フレーミング住宅(1)

















状況はすでに屋根まで終え、現場養生と片付け作業中。

その後、屋根にもブルーシートを掛けるのかと思いきや、
屋根屋さん登場。

フレーミング住宅 (2)
















屋根の防水紙を貼り始めてくれました。

このタイミングって、実に理想です。

それは、
このタイミングで防水紙を貼ってもらえると、
ブルーシートを貼る作業と剥がす作業が不要になるから。

不思議ですね。
終了時間が一時間過ぎてたら、二手間増えるのに、
一時間早かったら、二手間減らせて数時間の余裕時間になる。

時間は万人に平等だけど、
与えられた私たちの時間を大切にしなければ。

そんなことを改めて考えさせられた今日という一日でした。


Posted by daikyohome129 at 19:07│Comments(2)
この記事へのコメント
分かります!
ルーフィング貼るのはわずかな時間だけど、それを捻出するのが段取りですね。
Posted by KENKEN at 2014年03月13日 10:19
KENKENさん、さすが経験者です。
段取り八分とは業界ではいうことですが、
なかなか時間単位となると難しいところはありますよね^^;
Posted by 親方 at 2014年03月13日 19:55