2014年02月04日

北欧の家の記憶

チャレンジしていると、いろんな問題にぶち当たる。
見たまま真似てもダメで、そこには裏打ちされた動機があるはず。
そう思っては観ているつもりでも、見落とすし無知のままでいる。

6年前の自分なら見落としたことも、
現在の視野でなら拾えることもあるかも。

てなことで、ヒントを求めときどき過去倉庫を漁ってみると、、
ひっかかるものってあるんですね。

北欧の家 (2)


















北欧の家 (1)

































これは拾いあげたもののうちの二つ。

新しい情報だけが最新ではないわけで、、、
6年前の視界であっても、
その情報に気づいた今日、初めて価値が生まれるんですね。

悲しいけど、どんだけもったいないことしてるんだか。。

それでもね、
北欧見聞のおかげでどれだけ助けられてきたことか。
ドイツの研究所でみた温熱環境の計測方法も、
ここまでやるんだあ、、、と感心させられたっけ。

断熱の家の体温(2)









こんな感じで、リアルタイムに家の温度を観れるのも、
そんな過去の北欧などからの刺激のおかげなんです。


断熱の家の体温(1)









こちらの家は、計測設置したのけっこう前だけど、これまで不通だった。
それが今日、やっと繋がったんですv

今日仲間入りかな。

音信不通の大事な人にやっとつながったような、、
そんな気分で喜んでるただのバカなオヤジです。

さて、明日は明日の体温を楽しみに。

今夜も旨い晩酌タイムにしましょ。


Posted by daikyohome129 at 22:04│Comments(0)