2013年12月20日

笑える技術

私が目指しているものはいくつかある。
数年がかりのもの、2、3年内のもの、来年には!と定まったもの、
とは言うものの、結局のところ、
自分の無知無策未熟がそれを定めているようなもの。

実現したいものの一つに、
デンマークで見かけた次のよう写真の窓がある。

窓でつくる壁
















カラフルな色は無視するとして、
外壁一面を窓にて納める。
ビルなどのガラス一面の壁、カーテンウォールと同じ。

サッシ自体は何とかなる領域に入っている。
ただ、それ以前に、
耐力壁との兼ね合いをどうするかっていう根本的な問題がある。

デザイン的なものも兼ね合わせるとしたら、
ダブルフレームっていう手もないこともない。
けれど、それは汎用的ではないし、、、

そんなこんなを悩んでいると、一年なんてあっと言う間だ。

北欧やドイツが持つ、技術レベルにはまだまだ及ばないけれど、
ギャップを少しでも埋めたい。
日本でこれをやれる!
そういう技術レベルを持つってことが結構重要かと。
その後は日本的に応用していければいいわけだから。

私の最終目的は、この応用編にあるんだけど、
これが日本的過ぎて・・・
とても恥ずかしくて言えない(笑

こういうヘンテコなこと考えて、
焼き鳥屋で一人、
含み笑いしてる程度がちょうどいいんですよね^^;



Posted by daikyohome129 at 21:33│Comments(2)
この記事へのコメント
こういうことに関して、日本、欧州、アメリカの法律の違いはどうなんですか
Posted by KENKEN at 2013年12月20日 21:39
KENKENさん、法律の違いまではよくわかりません。
私の場合は、日本の基準をクリアすれば問題ないかと。
あとはもっと問題なのが業界風に言うと「納め」でしょうか。
ここが最終の関門になるのかなあ、、
当ってみなければわからないこともありますので^^;
Posted by 親方 at 2013年12月21日 20:50