2013年06月12日

イギリスの家

住宅が見たいという私たちを友人が案内してくれた場所、そこは古い集落。

イギリスの家 (1)















初めての場所の匂いを感じながら周囲を見渡す。
それからゆっくりと歩をすすめるのだけど、
気配を消すかのように息をひそめる自分いた。

この場所を汚してはいけない。
無意識にそんなことを感じてたのでしょうね。


イギリスの家 (2)















未知の何かに出逢いたくて、
魚のいる川を覗き込むかのように、すり寄るように近づいてしまう。


イギリスの家 (3)















見つけたらそれはそれでまた、その要素を拾うためにもっともっと近づきたくなる。


イギリスの家(4)





































この風合い、

これが、コッツォオルズストーンか・・・

こうして集落の一つひとつを広角からズームへの繰り返し。
でもこういう時って、なぜか時間が止まってしまう。
結果、友人たちに迷惑をかけてしまったのだけど。。。

”時を経て美しい家”は目標ですからね、
石積みは無理としても、塗り壁でこんな雰囲気をだせたらいいのにね。

素敵な場所に連れて行ってくれた友人たちに感謝!!です。



Posted by daikyohome129 at 21:41│Comments(0)