2007年02月10日

健康住宅の裏側

今日メールを開くと、建材分析結果報告が届いていた。

今回の分析素材は建材屋さんから提供いただいたもの3種。
普段、当社で使う素材ではないが、いつお客様から
採用希望があってもいいようにデータが多いにこしたことはない。
そんなことで間口を広げて分析している次第。

まあ、一応三種類とも世に名だたるF☆☆☆☆。

そして結果と言えば、みな落第。

辛うじて一社はちょいオーバーなので
許容範囲(誤差)に入れてもいいかもしれない。

ところが、もう一社はF☆☆☆☆基準の4倍のホルムアルデヒド。

そしてもう一つの一社は・・

なんと、F☆☆☆☆基準の20倍以上のホルムアルデヒドだ。

今さらF☆☆☆☆の表示違反には驚きはしないが、
この会社のはあまりに酷すぎる。今までで最悪の製品ではなかろうか。。

不○家のように、食品だとあれほどの騒ぎになるのに、
この業界の厚顔ぶりは恐ろしい状況にあるようだ。

F☆☆☆☆はとりあえずホルムのみのことなんだから・・・

この一種類くらい何とかせえよ!

と言いたくもなる。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/daikyohome129/50684549
この記事へのコメント
食品の"出荷品回収"のように、住宅業界でも
"上棟後の取壊し処分"みたいなことが起こるかも。
「お手軽に化学物質測定を」なんていって
すごく簡単に測定できる(手の平サイズの)機械が
発明されたら売れるだろうな。
Posted by アルボン at 2007年02月10日 23:01
ほんとですね。簡単に測定できるものがあったら
どんなにかいいでしょう。
簡易測定できるものはありますが、
大きな目安にしかならないですからね。

それにしても、住宅を自主回収!なんて言ったら
業界はひっくり返りますよ..;
Posted by 親方 at 2007年02月11日 18:34