2006年02月02日

岩手の家づくり”男の顔”

お天気が良かったので、真冬日にもかかわらず
我が特殊部隊による一日フレーミングが行われました。

フレーミング屋根














現場は当社事務所そば、数十メートルの所。

合図おの正面






いくら寒かろうが彼らの動きも真剣な顔も、いつもと変わりなし。
彼らの身体が発電機であり、暖房機?
ストーブを囲んで暖まるなんて発想はない。

快晴ではありましたが、やはり真冬日。

雪の遠ちゃん

 

 

 

 

 

 

 


余りの寒さにお陽さまの温かみを感じる余裕もない。

時折吹きつける風。ナイフで切られるように痛かった。。;

まさちゃん秀ちゃん

 

 

 


政ちゃんも秀ちゃんも寒さなどものともせず。

まっちゃんとんびの見学

 

 

 


まっちゃんもしっかりと釘を打ち込んでいきます。
働き者の啄木鳥にようにも見えるよなあ・・・
なんて、感心していると宮古の現場と同じく今日もトンビの応援が!

syuタイベック

 




西に広がる雪雲に太陽が隠れ出した午後4時半、
今日も無事フレーミングを終了。

寒い中、お疲れ様でした。

彼らの熱気に負けてられないですね^^;


続きは私的通信欄?

miyukiへ

一昨日バッチリ葉書届きました!
きれいな写真なのでみんなに見てもらってもいいかな、
なんてここにあげさせていただきました。

ドミニカドミニカ共和国かあ♪

わいい家だよな。
そのまま絵本になりそうな感じ。
なかなかきれいな色使いをするのに
感心してしまいました。

               ”南国からの贈り物”ありがとうね!


 追:ドミニカって・・・ ドミニカ国とドミニカ共和国と別なんだな。。
   おかげで、また一つ賢すぐなったべ^^;
   今思ったんだけど、ドミニカで一日フレーミングやったら・・・
   一日に何軒建てるんだろ?
   そして、腰には葉っぱの腰巻のみか・・・(笑)
   

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/daikyohome129/50321420
この記事へのコメント
雪の後のフレーミング、大変だったと思います。
でも陽が照って何よりでした。
やはり背景には青空が似合います。

先日、秀さん・春さん・恒さんが物置の設置に来てくれました。
フレーミングの時とは違う表情(もちろん真剣顔ですが)
が印象的でした。ちょこっと話もできましたし。
思ってた以上のものができて感激ですv(^o^)v
Posted by アルボン at 2006年02月02日 23:12
「住まいの見学会」の広告を見ました。(このHPで)
「Q1」キャンペーンいいですねえ。
ちょっとジェラシーを感じる企画です。
何てったって半分の燃費がずっと続くのですから。
これからの大共の家は全部「Q1」なのでしょうかね。
ところで,「Q1」ってこれまでの断熱法とどう違うのでしょうか?
Posted by hiro@east.gh at 2006年02月03日 18:27
アルボンさん、喜んでいただけて嬉しいです。
そしてHPへの投稿もありがとうございました。
物置きに限らず、彼らってどうも凝り性なようで
「簡単に作って」っていうのが通じません(汗)

以前、椅子を作らせたときも
「家具屋始めるんかい!?」ってくらいでしたから^^;

Posted by 親方 at 2006年02月03日 22:12
hiroさん、Q1キャンペーンって
最初私の案では楽しい方がいいべ!ってことで
”一休さん”キャンペーンだったんですけどね・・・
当然周囲はフリーズ。一瞬にして消えました(悲)
想像はついてましが、やはり!って感じです^^;

そんなガッカリしないでください。
数年後は進化してまたきっと変わるでしょうし・・・

今後は誰でも使える進化バージョンですから、
みんなで楽しくなりますよ。
Posted by 親方 at 2006年02月03日 22:22
一休さんよりは今回の方が良いような気がします。
それにしても今回のチラシ(新聞広告見ました)はインパクトあります。
断熱性能が冷暖房費に直結しているということがはっきり分かります。
いい広告だと思います。
即効で申し込みたいくらいのキャンペーンです。
Posted by hiro@east.gh at 2006年02月04日 00:03
hiroさん、チラシを褒めていただいていれしいです。
いつもなんですが、うまく伝わるのかなあ??って
半信半疑なんです。
業者側の視点と一般の方の視点がずれてやしないか、とか・・・

これからもご意見・感想などよろしくお願いします!
Posted by 親方 at 2006年02月04日 21:26