2005年11月07日

予防策が先!?

目に見えないから、体に感じないから、とりあえず大丈夫。

本当に大丈夫なのだろうか? 

と思えるものが多すぎる。

大きくは大気汚染・土壌汚染・海洋汚染。
もっと大きく言うなら地磁気の変動や太陽の変化まで。
そういえば、食物連鎖により危険だから妊婦さんは大型魚は控えた方がいい、
というニュースもあった。

野菜だって魚だってお米だって、3つの汚染全てを避けられるものはない。

これらの問題を一個人でどうこうできる術もない。
対抗策があるとすれば、個人の暮らしレベルでの対策。
毎日の食事、水、空気。
個人レベルでは大方が家庭内での対策しかない。

家庭で過ごす時間は、就労者非就労者共にうる憶えだが12時間?ほど。
この12時間という時間を過ごす住環境をいかにするのか。
住まいでどれだけ自分の体を回復させられるのかにかかってくる。

温熱・湿度・室内空気汚染(化学物質、カビ、ダニ、ホコリ)・水道水。
そして電磁波に至るまで。これらの問題に明快な答えはどこにもない。

日本の場合、建材メーカーは水戸黄門の助さんよろしく
安全データシートを印籠のように突き出し、ここに証明されている
の一本やり。電磁波のことになると危険と証明されたわけではない、
とくる。

電磁波のことでいうなら、欧米は危険の可能性があるなら避けようよ!
というのに、

日本は危険である!と公が発表していないから大丈夫! となってしまう。

この点で言うと、欧米は予防派、日本は対処派ということになるのかな・・・

もし予防に、対処、どちらを選ぶ? と聞かれれば私は予防を選ぶ。

にしても、ヒントとなる情報くらいは欲しいよな。。。


あなたはどっち派ですか!?


    気が向いたら、ランキングに一押し!してやって下さい。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/daikyohome129/50181402