2005年03月03日

生活様式で違うシックハウス

今日はシックハウスに関わる家具や生活用品など追跡調査票を作成。
1月に国の調査に協力したデータ(10軒分)から、入居後の
VOC(室内空気の有機化合物)が何倍も増加していることは無視できない状況。
 
住宅自体を良くしてきたこれまでの努力が意味がなくなってしまう。
 
10軒のお宅の138物質に及ぶ分析データから高濃度での検出物質が
似かよったお宅が2グループ?ほどある。芳香剤や洗剤によく使われるものだったり、
ワックスに使われるものだったり・・・.
 
 
 
家具・家財や家庭用品から放散される化学物質の調査データは見当たらない。
分析でお世話になっているSさんとも話したのだが、

現実に暮らし始めて10軒中9軒はVOCの総量が暫定目標値を
オーバーしているのだから、
分析結果があり現状が分かっただけでは意味がない!

住まい方に対する情報がなければこの問題は解決されることはないよね。

やはり家庭用品などの調査し可能性の高いものから順番に分析して行こうよ!

ということに意見は一致!していたのに調査票が今になってしまった。
悩んだのは具体的に何を、どのように調査票に記入していただくか・・・

家具(タンス、ソファア、食器戸棚、机、座卓・・・)のサイズや購入時期。
じゅうたん、カーテンのサイズや購入時期

芳香剤。タンスなどの防虫剤。

洗濯用洗剤(冬は洗濯物を室内で干すため)、洗浄洗剤

シャンプー、整髪剤、香水などの商品名

仏壇の有無、ワックスの種類や頻度

テレビ、パソコンなどの有無や購入時期

24時間換気システムのフィルターのメンテ状況など

これらを各部屋ごとにチェックできるように表にまとめてみたものの
まだ何か不足があるような・・・

来週早々にもSさんに相談するのだからあまり悩まんようにしよう。
なんせ最近白髪が多くなってるし(^^;

ーーーーーーーーーーーPRーーーーーーーーーーーーーーー

       岩手に健康住宅を建てるなら!

  





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/daikyohome129/15515984